Application Transformer for VMware Tanzu を使用すると、Oracle データベースの情報を取得できます。

Oracle データベース内の次のエンティティの数と詳細を表示できます。
  • DATABASE LINKS

  • DB ALLOCATED SIZE (GB)

  • DB USED SIZE(GB)

  • DB USED SIZE for DATA (GB)

  • FUNCTIONS AND PROCEDURES IN PACKAGES

  • INDEXES

  • MATERIALIZED VIEWS

  • NOT-DEFAULT PARAMETERS

  • PACKAGES

  • PGA (Program Global Area)

  • PROCEDURES
  • SGA
  • SQLAREA ステートメント

  • TABLES
  • TRIGGERS
  • VIEWS

前提条件

注:現在、この機能は Linux マシンでのみ使用できます。
  • Linux マシンには、GNU C ライブラリ (glibc) バージョン 2.17 以降が必要です。
  • Linux マシンには、Oracle 11 以降のバージョンのデータベースが必要です。
  • データベースに接続するには、Oracle Instant DB Client が必要です。
  • JDK 1.8 をダウンロードして、JAR ファイルと サードパーティのアーティファクトの追加 を実行します。
  • JOOQ Enterprise Edition をアップロードします。
    1. https://www.jooq.org/download/ から JOOQ Enterprise Edition をダウンロードします。
    2. ファイルを展開します。
    3. 次の JAR ファイルをアップロードします。サードパーティのアーティファクトの追加を参照してください。
      • reactive-streams.x.x.x.jar
      • r2dbc-spi-x.x.x.RELEASE.jar
      • jooq-x.x.x.jar
        注: アップロード時には、これらのファイルをすべて一緒に選択する必要があります。ファイルを個別にアップロードすると、エラーが発生します。

手順

  1. [検出] をクリックして、Oracle データベースを持つアプリケーションを追加します。
  2. メイン メニューの [分析] をクリックして、アプリケーション名を展開します。
    [分析可能] セクションに Oracle データベースの詳細が表示されます。
  3. コンポーネントの詳細セクションで、[分析] オプションをクリックします。
    Oracle データベースのデータ分析ウィザードが開きます。
  4. データベースの詳細を入力します。
    1. Oracle を展開したポート。例:1521。
    2. アップロードした Oracle クライアント
    3. JAR ファイル
    4. JDK ファイル
    5. 分析するターゲット スキーマ。カンマ区切りの名前を使用して複数のスキーマを追加できます。
    6. データベースに接続するための認証情報。認証情報を使用して指定されたスキーマにアクセスできることを確認します。例:DBA アカウント。
  5. データベースの詳細を確認し、[確認] をクリックします。

結果

  • [最近のタスク] ペインに DB 分析タスクのステータスが表示されます。データベースのサイズによっては、プロセスに数時間かかる場合があります。[タスク] ペインから分析タスクをキャンセルすることもできます。
  • DB 分析ステータス レポートは、[検出] > [コンポーネント] に表示されます。