Application Transformer for VMware Tanzu は、レガシー アプリケーションをクラウド ネイティブな新しいプラットフォームに移行するためのアプリケーション モダナイズ ツールです。

Application Transformer for VMware Tanzu は、vCenter Server で実行されているワークロードまたは仮想マシン、およびアプリケーションをゲスト操作によってスキャンし、コンポーネントを識別します。Application Transformer for VMware Tanzu は、データ フローを抽出し、複数の環境にまたがるアプリケーションのトポロジを設計するために、vRealize Network Insight への登録をサポートします。Application Transformer for VMware Tanzu の現在のバージョンでは、vRealize Network InsightvRealize Network Insight Cloud の両方からのフロー データ収集がサポートされています。

Application Transformer for VMware Tanzu は、Oracle WebLogic Server、Tomcat で実行されるアプリケーションに特化したコンテナ化、および任意のコンポーネントのコンテナ化をサポートし、コンテナ化された OCI イメージをイメージ レジストリにプッシュします。

Application Transformer for VMware Tanzu には、カスタマー エクスペリエンス向上のためにテレメトリ データを収集して VMware の Supercollider データ レイクに送信するオプションもあります。ユーザーは、この機能をアプライアンスの管理ユーザー インターフェイスからオフにできます。データの収集は匿名で行われます。ただし、VMware でアプライアンスの展開を区別できるように、展開に固有の匿名 ID を使用してデータにタグを付けます。Application Transformer for VMware Tanzu で収集されるものは、以下のとおりです。

  • スキャン中にオペレーティング システム内に検出されたコンポーネント。
    注: 仮想マシンの名前およびプロセス データは収集されません。
  • カスタム シグネチャと、アプライアンスにアップロードしたカスタム スクリプト(ある場合)。