vRealize Network Insight を追加し、vCenter Server に関連付けて、インフラストラクチャ トポロジの詳細を表示できます。

前提条件

  • 必要な権限を持っていることを確認します。詳細については、Application Transformer for VMware Tanzu ロールの概要を参照してください。

  • vRealize Network Insight Cloud API トークンを使用するには、vRealize Network Insight 管理者権限が必要です。
  • vCenter Server がデータソースとして vRealize Network Insight に追加されていることを確認します。
    • ワークロード仮想マシンが接続されているすべての Distributed Switch を選択します。
    • vCenter Server で NetFlow (IPFIX) を有効にする必要があります。
  • NSX ベースのネットワークの場合、NSX をデータソースとして vRealize Network Insight に追加する必要があります。
    • NSX-V の場合は、必ず IPFIX を有効にします。
    • NSX-T の場合は、必ず DFW IPFIX を有効にします。
  • vCenter Server の追加

手順

  1. メイン メニューで、[検出] をクリックします。
  2. 左側のナビゲーション ページで、[設定] > [vRealize Network Insight] の順に移動します。
  3. [追加] をクリックします。
    1. vRealize Network Insight タイプを選択します。
      • vRealize Network Insight オンプレミスの場合:
        1. vRealize Network Insight FQDN または IP アドレスを入力します。
        2. リストから認証情報を選択します。

          定義済みの認証情報がない場合は、[認証情報の追加] を選択し、認証情報およびエイリアスを入力します。

      • vRealize Network Insight Cloud の場合:
        1. vRealize Network Insight Cloud API の URL を入力します。api.mgmt.cloud.vmware.com のデフォルト URL を使用することもできます。
        2. vRealize Network Insight Cloud の FQDN を入力します。console.cloud.vmware.com のデフォルト URL を使用することもできます。
        3. VMware Cloud コンソールから vRNI の CSP トークンを生成します
    2. vRealize Network Insight に関連付ける vCenter Server を選択します。
      このフィールドを空白のままにして保存すると、 Application Transformer for VMware Tanzu によって、 vRealize Network Insight に関連付けられている vCenter Server でフィールドが自動的に更新されます。
      注:
      • vCenter Server の自動入力は、vCenter Server が Application Transformer for VMware Tanzu に登録されている場合にのみ機能します。
      • vCenter Server の自動入力機能は、新しい vRealize Network Insight を接続する場合にのみ使用できます。編集中は使用できません。
    1. [追加] をクリックします。

次のタスク

アプリケーション トポロジの検出