コンテナ化は、検出されたアーティファクトから OCI イメージをビルドし、TKG クラスタまたは任意の Kubernetes クラスタに展開するために使用できる展開ファイルを生成します。

前提条件

  • アプリケーションの分析。Tomcat でコンポーネントが検出されている必要があります。
  • アプリケーションの変換
  • 目的のバージョンの Tomcat サーバおよび JDK/JRE のアーティファクトをアップロードします。手順 1を参照してください。
  • ソース レジストリとターゲット レジストリのイメージ レジストリの追加
  • イメージを構築するためのインターネット接続があることを確認します。これにより、基本イメージ上で内部的にいくつかのユーティリティがインストールされます。

手順

  1. Tomcat と JRE/JDK の現在のバージョンを参照し、イメージ用の目的のバージョンを選択します。
  2. ソース レジストリを選択して基本イメージをプルします。これは、組み込みの Harbor レジストリ、企業の Harbor レジストリ、Docker レジストリのいずれかにすることができます。
  3. イメージ用の基本 OS を選択します。
    仮想マシンのオペレーティング システムがデフォルトで入力されています。
  4. [続行] をクリックします。
    [Web アプリケーション] の下に、Tomcat サーバに存在するすべてのアプリケーションのリストが表示されます。
  5. コンテナ化するアプリケーションを選択します。
    複数のアプリケーションを選択できます。Tomcat に存在するすべてのアプリケーションをコンテナ化するには、テーブル ヘッダーのチェック ボックスをオンにします。
  6. コンテナ化するアプリケーションを 1 つだけ選択した場合、またはいくつかのアプリケーションのみを選択した場合は、conf および bin ディレクトリ内の構成ファイルを更新する必要があります。
    注: コンテナ化の対象としてすべてのアプリケーションを選択した場合は、この手順を無視します。
    1. [ダウンロード] をクリックします。
    2. ディレクトリ ファイルを解凍します。
    3. 要件に応じてファイルを更新します。
    4. 更新された構成を含むディレクトリ ファイルを圧縮します。
    5. [アップロード] をクリックして、更新された conf または bin ディレクトリを ZIP 形式でアップロードします。
  7. [続行] をクリックします。
  8. Docker ファイルを確認し、必要に応じてファイルを更新します。
    注:
    • ユーザーとグループを変更できます。
      Arg User=tomcat
      Arg Group=tomcat
    • 見つからないディレクトリをソース仮想マシンからイメージにコピーできます。

      COPY --chown=$USER:$GROUP webapps &CATALINA_HOME/webapps/

  9. デフォルトのエントリ ポイントの詳細を確認し、必要に応じて更新します。
  10. [続行] をクリックします。
  11. ターゲット レジストリを選択します。
  12. イメージとアーティファクトをプッシュするための適切なイメージ タグを <repository>/<image>:<tag> の形式で入力します。
  13. [続行] をクリックします。
  14. 選択内容を確認し、[確認] をクリックしてイメージのビルド タスクをトリガします。

結果

  • 操作のステータスを示すアラートがポップアップで表示されます。[タスク] 画面でイメージのビルド タスクを追跡できます。タスク バー内でタスクをクリックして、ビルド プロセスに関連付けられているログを表示します。
  • イメージのビルドとプッシュが正常に完了すると、コンポーネントの詳細が OCI イメージ タグとアーティファクト タグを反映して更新されます。ドメインで検出されたすべてのアーティファクトを含むアーティファクト zip と、生成されたテンプレート展開 yaml ファイルをダウンロードできます。yaml ファイルは、展開前に FIX-ME の詳細を置き換えるために編集する必要があります。

次のタスク

Tanzu Kubernetes Grid クラスタにイメージを展開します。