Microsoft Windows Installer (MSI) の自動インストール機能を使用すれば、ウィザードのプロンプトに応答することなく、複数の Windows ホストに Workstation Player をインストールできます。これは、大規模な組織でインストールを実施する場合に有用です。

前提条件

  • ホスト システムがホスト システムの要件を満たすことを確認します。
  • ホスト コンピュータに MSI 2.0 以降のランタイム エンジンが搭載されていることを確認します。このバージョンのインストーラは、Microsoft 社から入手できます。詳細は、Microsoft 社の Web サイトを参照してください。

手順

  1. Administrator ユーザーまたはローカルの Administrators グループのメンバーとしてホスト システムにログインします。
    ドメインにログインする場合、ドメイン アカウントもローカル管理者である必要があります。
  2. Workstation Player セットアップ ファイルから管理用インストール イメージをデプロイします。
    セットアップ ファイルには VMware-player-xxxx-xxxx.exe のようなファイル名が付けられています。 xxxx-xxxx にはバージョン番号とビルド番号を表す数字が入ります。
    例: setup.exe /s /e install_temp_path
  3. インストール コマンドは 1 行で入力してください。
    次の例は、コマンドに追加できるオプションを示しています。
    VMware-player-full-x.x.x-xxxxxx.exe /s /pass /v "/qn REBOOT=ReallySuppress EULAS_AGREED=1 INSTALLDIR=path_to_program_directory ADDLOCAL=ALL SERIALNUMBER=xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx"
    VMware-player-full-x.x.x-xxxxxx.exe /s /v "/qn REBOOT=ReallySuppress EULAS_AGREED=1 SERIALNUMBER=xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx"
    VMware-player-full-x.x.x-xxxxxx.exe /s /v "/qn REBOOT=ReallySuppress EULAS_AGREED=1 SERIALNUMBER=xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx PLAYER_RVM_URI="vmware-rvm://username@myserver.com:7443""
    VMware-player-full-x.x.x-xxxxxx.exe /s /v "/qn REBOOT=ReallySuppress EULAS_AGREED=1 SERIALNUMBER=xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx RVMDOWNLOADPATH="c:\VMdownloadFolder""
    オプションで INSTALLDIR プロパティを使用して、インストール用にデフォルトの場所とは異なるファイル パスを指定できます。
    注: : ファイル パスを囲む引用符は重要です。MSI 引数はすべて /v オプションで渡されます。外側の引用符で MSI 引数をグループ化し、内側の引用符でその引数に引用符を 1 つ配置します。

    オプションで REMOVE プロパティを使用して、特定の機能のインストールを省略できます。