保護グループ内の仮想マシンまたはテンプレートの保護プロパティを編集できます。リソース マッピング、接続されているストレージ デバイスとそのデータストア、および Site Recovery Manager で仮想マシンをリカバリする際に使用する構成を制御するその他のプロパティを変更できます。

ステータスが [未構成] または [マッピングがありません] の仮想マシンに対して、保護を構成する必要があります。

アレイベース レプリケーションを使用していて、ハード ディスクや DVD ドライブなどのストレージ デバイスを追加または変更するために仮想マシンのプロパティを編集する場合、レプリケートされていないデータストアまたは別の保護グループによって保護されているデータストアに保存されているデバイスを追加すると、そのマシンの保護に影響が及ぶ可能性があります。

  • いずれの保護グループにも属していないレプリケート対象のデータストアに新しいデバイスを作成する場合は、データストアは仮想マシンの保護データストア グループに追加され、仮想マシンの保護には影響が及びません。
  • 別の保護グループによって保護されているレプリケート対象のデータストアに新しいデバイスを作成すると、仮想マシンの保護は無効になります。
  • レプリケートされていないデータストアに新しいデバイスを作成すると、仮想マシンの保護は無効になります。
  • Storage vMotion を使用して、レプリケートされていないデータストア、または SRA を介して管理するように Site Recovery Manager が構成されていないアレイのレプリケート対象データストアに仮想マシンを移動すると、仮想マシンの保護は無効になります。ただし、Storage vMotion を使用して、別の保護グループに含まれるデータストアに仮想マシンを移動できます。

手順

  1. Site Recovery Manager インターフェイスの [保護グループ] をクリックし、構成する仮想マシンを含む保護グループを選択します。
  2. [仮想マシン] タブで、仮想マシンを右クリックして [保護の構成] を選択します。
  3. [仮想マシンのプロパティ] ウィンドウで、必要に応じてプロパティを確認して構成します。
    1. [フォルダ] をクリックし、代替のレプリケート先フォルダを指定します。
    2. [リカバリ プール] をクリックし、リカバリした仮想マシンを配置する代替リソース プールを指定します。
    3. テンプレートに対する保護を構成するには、[リカバリ ホスト] をクリックし、仮想マシンをリカバリする代替ホストを指定します。
      この手順はテンプレートにのみ適用されます。
    4. [ネットワーク] をクリックし、仮想マシンをリストアする代替リカバリ ネットワークを指定します。
  4. [OK] をクリックして、選択した仮想マシンに新しい構成を適用します。