vSphere Replication は、個々の仮想マシンとその仮想ディスクを別の場所にレプリケートすることにより保護できます。

レプリケーションを構成するときに、レプリケーション間の期間を決定するために、目標復旧時点 (RPO) を設定します。たとえば、RPO が 1 時間の場合、復旧時に仮想マシンで失われるデータが 1 時間を超えないことを目標とします。RPO を小さくすれば復旧時のデータ消失は少なくなりますが、レプリカを最新の状態に維持するためにより多くのネットワーク バンド幅を消費します。

仮想マシンがその RPO ターゲットに達するたびに、vSphere Replication は約 3800 バイトのデータを vCenter Server イベント データベースに記録します。RPO 期間を短く設定した場合、これにより、大量のデータがデータベース内にすぐに作成される可能性があります。大量のデータが vCenter Server イベント データベース内に作成されないようにするには、vCenter Server でイベント データが保持される日数を制限します。『vCenter Server およびホスト管理ガイド』の「データベース保持ポリシーの構成」を参照してください。または、RPO の値をより大きく設定してください。

注: Site Recovery Manager インターフェイスを使用して、特定の時点 (PIT) のスナップショットを使用するレプリケーションを構成することはできません。PIT スナップショットを有効にするには、 vSphere Web Client を使用して仮想マシンのレプリケーションを構成します。『 vSphere Replication の管理』の「 1 つの仮想マシンのレプリケーションの構成」を参照してください。

以前の PIT スナップショットから仮想マシンをリカバリするには、リカバリ後に手動で仮想マシンをそのスナップショットに戻す必要があります。仮想マシンの特定の時点のスナップショットのリカバリ を参照してください。

vSphere Replication により、仮想マシンに属するすべてのディスク間のクラッシュ整合性が保証されます。VSS による静止を使用すると、整合性レベルが高まる場合があります。選択可能な静止タイプは、仮想マシンのオペレーティング システムによって決まります。Microsoft Volume Shadow Copy Service(VSS)による静止の Windows 仮想マシンのサポートの詳細については、『vSphere Replication 5.5 互換性マトリックス』を参照してください。

vSphere Replication は、ソースおよびターゲット サイトの Virtual SAN データストアと併用できます。ただし、Virtual SAN ストレージにレプリケートする場合は、vSphere Web Client を使用して vSphere Replication を構成する必要があります。Site Recovery Manager クライアントでは、ターゲット データストアを選択する際に Virtual SAN ストレージを選択できません。

注: VMware Virtual SAN は、vSphere 5.5u1 で完全にサポートされている機能です。
  • Virtual SAN を vSphere Replication 5.5.1 および vSphere 5.5u1 と本番環境で併用することができます。
  • vSphere 5.5 の Virtual SAN は試験的な機能です。Virtual SAN のテストは vSphere Replication 5.5.0 および vSphere 5.5 を使用して実行できますが、本番環境での使用はサポートされていません。Virtual SAN を vSphere 5.5 で有効にする方法については、vSphere Replication 5.5.0 リリースのリリース ノートを参照してください。

前提条件

vSphere Replication アプライアンスと Site Recovery Manager サーバ インスタンスをそれぞれのサイトでデプロイし、接続していることを確認してください。

手順

  1. vSphere Client のホーム ページで、[仮想マシンおよびテンプレート] をクリックします。
  2. インベントリを参照し、vSphere Replication を使用してレプリケートする 1 つの仮想マシンを見つけます。
  3. 仮想マシンを右クリックし、[vSphere Replication] の順に選択します。
  4. [RPO] スライダを使用するか値を入力して、サイト障害の時のデータ消失の最大許容量を構成します。
    RPO の使用可能な範囲は 15 分 ~ 24 時間です。
  5. ソース仮想マシン オペレーティング システムに適切な場合、[ゲスト OS の静止] 構成を選択します。
  6. ターゲット ファイルの場所が指定されていない場合、あるいはデータストア マッピングにより決められたデフォルトをオーバーライドする場合、[参照] をクリックして、仮想マシンのターゲット ロケーションを選択してください。
    オプション 説明
    データストアに直接仮想マシンを配置する データストアを選択して、[OK] をクリックします。
    データストアの特定のフォルダに仮想マシンを配置する [データストア フォルダを指定] を選択し、[参照] をクリックして、フォルダを探し、該当するフォルダをダブルクリックします。
  7. 仮想マシンの各メディア デバイスのレプリケーション先を選択します。
    次のページは仮想マシンにインストールされているメディア デバイスに応じて動的に作成されます。これらは、複数の仮想ドライブを含むことがあり、それらのすべてについて個々に構成できます。仮想ドライブがレプリケートされるかどうか、仮想ドライブのレプリケーション ターゲット、レプリケートされる仮想ドライブがどのように構成されているかに関する情報などの設定を構成できます。ディスクがレプリケートされる場合、先に進む前にディスクのレプリケーションの保存先を選択します。
  8. vSphere Replication サーバの自動割り当てを受け入れるか、ターゲット サイト上の特定のサーバを選択してください。
  9. 設定を確認し、[終了] をクリックしてレプリケーションを確立します。
    vSphere Replication は、仮想マシン ファイルの初期完全同期を、ターゲット サイトの指定のデータストアに対して開始します。
  10. (オプション) Site Recovery Manager インターフェイスの vSphere Replication ビューを選択します。
  11. (オプション) vSphere Replication のリモート サイトを選択し、[仮想マシン] タブをクリックします。
    ターゲット サイトに対する仮想マシン ファイルの初期完全同期の進捗状況を監視できます。