VDMK ファイルの最初のレプリケーションは、ストレージ デバイスにファイルを物理的に移動してより効率的に行うことができます。vSphere Replication では、物理的に移動したファイルがレプリケーション シードとして使用されます。

データ量が大きすぎる、使用可能なバンド幅が小さすぎる、またはこれらの組み合わせが原因で、ファイルをネットワーク経由でコピーすることが現実的でない場合、レプリケーション シードが必要になることがあります。

仮想マシンをレプリケートする場合、仮想マシンをデータストア内のサブディレクトリにレプリケートしてください。コピーしたディスクは、VMDK ファイルに保存されている識別情報が転送方法で保持されている場合に動作します。

前提条件

  • 両方のサイトに vSphere Replication アプライアンスがデプロイされている必要があります。
  • 各サイトの Site Recovery Manager サーバ インスタンスはペアになっている必要があります。また、vSphere Replication アプライアンスもペアになっている必要があります。
  • VMDK ファイルをダウンロードしてレプリケーションのシードとして使用する前に、ソース仮想マシンをパワーオフします。レプリケーションは、仮想マシンがパワーオン状態のときに開始されます。

手順

  1. vSphere Client を使用して、物理的に移動する仮想マシンを管理できる vCenter Server に接続します。
  2. [データストア] をクリックします。
  3. 左側のペインで、仮想マシンのファイルを格納するデータストアを参照してデータストアを選択します。次に、右側のペインで [このデータストアの参照] をクリックします。
  4. 物理的に移動するすべての仮想マシンのフォルダを選択します。次に、選択したフォルダを右クリックして [ダウンロード] をクリックします。
  5. ファイルをコピーする場所を選択し、[OK] をクリックします。
  6. [はい] をクリックします。
  7. ダウンロードが完了したら、ペアリングされたサイトの場所にファイルを転送してアップロードします。
  8. ペアリングされたサイトの vSphere Client のホーム ページで、[データストア] をクリックします。
  9. 左側のペーンで、仮想マシンのファイルを格納するデータストアを参照してデータストアを選択します。次に、右側のペーンで [このデータストアの参照] をクリックします。
  10. 仮想マシンのコピーを格納するフォルダを選択します。次に、選択したフォルダを右クリックして [フォルダのアップロード] をクリックします。
  11. 仮想マシンを含むフォルダを選択し、[OK] をクリックします。
  12. 保護サイトで、レプリケートする仮想マシンを右クリックし、[vShere レプリケーション] を選択します。
  13. 通常どおりに目標リカバリ ポイント とレプリケート先ファイルの場所を設定し、[次へ] をクリックします。
  14. [ターゲット ディスク ファイルの場所] パネルで、[参照] をクリックします。
  15. レプリケート先データストアを選択し、[データストア フォルダを指定] チェック ボックスを選択して、[参照] をクリックします。
  16. レプリケート先データストアを選択して、[開く] をクリックします。
  17. シード ファイルが格納されているデータストア フォルダを選択し、ファイルの種類を [すべてのファイル] に変更し、レプリケーション シードとして使用する VMDK ファイルを選択して、[OK] をクリックします。
  18. このファイルを初期コピーとして使用することを確認するには、[はい] をクリックします。
  19. メッセージの指示に従い、vSphere Replication サーバを選択し、[終了] をクリックして構成を完了します。