vSphere Replication アプライアンスのデプロイ時に、アプライアンスのパスワードを設定します。パスワードは、インストール後に、仮想アプライアンス管理インターフェイス (VAMI) を使用して変更できます。

前提条件

  • vSphere Replication アプライアンスがパワーオン状態であることを確認します。
  • vSphere Replication アプライアンスを構成するには、管理者権限が必要です。
  • vCenter Server、vSphere Client、Site Recovery Manager、および Site Recovery Manager クライアントが、対応する 5.5.x アップデート リリースに更新されました。

手順

  1. Web ブラウザで vSphere Replication アプライアンスの VAMI に接続します。
    VAMI の URL は https:// vr-appliance-address:5480 です。
    Site Recovery Manager インターフェイスの vSphere Replication ビューで [サマリ] タブの [VR アプライアンスの再構成] をクリックして、VAMI にアクセスすることもできます。
  2. アプライアンスのルート ユーザー名とパスワードを入力します。
    vSphere Replication アプライアンスの OVF デプロイ時にルート パスワードを構成しました。
  3. [VR] タブをクリックして、[セキュリティ] をクリックします。
  4. [現在のパスワード] テキスト ボックスに、現在のパスワードを入力します。
  5. [新しいパスワード][新しいパスワードの確認] テキスト ボックスに新しいパスワードを入力します。
    パスワードは 8 文字以上である必要があります。 vSphere Replication では、空のパスワードはサポートされていません。
  6. [適用] をクリックしてパスワードを変更します。