Site Recovery Manager は 24 時間ごとにアレイをチェックしてデバイス構成の変更を確認します。ただし、アレイの再スキャンはいつでも実行できます。

詳細設定の storage.minDsGroupComputationInterval オプションを変更して、Site Recovery Manager が定期的なアレイ スキャンを実行する頻度を再構成できます。『Site Recovery Manager 管理ガイド』の「ストレージ設定の変更」を参照してください。

アレイ マネージャを構成すると、Site Recovery Manager は検出する一連のレプリケートされたストレージ デバイスに基づきデータストア グループを計算します。いずれかのサイトでアレイの構成を変更してデバイスを追加または削除する場合、Site Recovery Manager はアレイを再スキャンして、データストア グループを再計算する必要があります。

手順

  1. [アレイ マネージャ] をクリックし、アレイを選択します。
  2. [デバイス] タブをクリックします。
    [デバイス] タブには、ローカル デバイス名、ペアリングされているデバイス、レプリケーションの方向、デバイスが属する保護グループ、データストアがローカルとリモートのどちらなのか、各 SRA デバイスの整合性グループ ID など、すべてのストレージ デバイスに関する情報が示されています。
  3. アレイを再スキャンし、データストア グループを再計算するには、[更新] をクリックします。