Windows XP SP2 x64 上で Site Recovery Manager クライアント プラグインを実行している場合、vSphere Replication アプライアンスのステータスが切断状態として表示されます。

問題

vSphere Replication サイト の [サマリ] タブで vSphere Replication アプライアンスのステータスが切断状態として表示されます。接続を再構成しようとすると、次のエラーが発生します。server_address:8043 でローカル VRMS サーバへの接続が失われました (クライアントがサーバ「server_address」に完全な要求を送信できませんでした。(The underlying connection was closed: An unexpected error occurred on a send.))

原因

この問題は、Site Recovery Manager クライアント プラグインが古いバージョンの Windows で実行されるときに、Site Recovery Manager クライアント プラグインと vSphere Client が暗号化をネゴシエートできないために発生します。Windows XP SP2 x64 で vSphere Client のデスクトップ バージョンと Site Recovery Manager クライアント プラグインを実行する場合、サーバとクライアントの暗号化サポートに互換性がない場合があります。Site Recovery Manager では、これより古い Windows XP x64 サービス パックはサポートされていません。

Windows XP SP3 x86 はこの問題による影響を受けません。Site Recovery Manager では、これより古い Windows XP x86 サービス パックはサポートされていません。

解決方法

Microsoft KB 948963 (http://support.microsoft.com/kb/948963) から Microsoft のホットフィックスをダウンロードし、インストールします。この hotfix は、通常の Windows アップデートでは適用されないため、手動でダウンロードし、修正を適用する必要があります。