vSphere Replication では、ESXi のレプリケーション テクノロジーと仮想アプライアンスを使用して、レプリケート元サイトとレプリケート先サイト間で仮想マシンをレプリケートします。

vSphere Replication アプライアンスは、対応する vCenter Server インスタンスに登録されます。たとえば、レプリケート元サイトの vSphere Replication アプライアンスは、レプリケート元サイトの vCenter Server インスタンスに登録されます。

vSphere Replication アプライアンスには、レプリケーション プロセスを管理する vSphere Replication サーバが含まれています。現在の環境におけるロード バランシングのニーズを満たすには、各サイトで追加の vSphere Replication サーバをデプロイすることが必要な場合があります。デプロイする追加の vSphere Replication サーバは、それ自体が仮想アプライアンスです。追加の vSphere Replication サーバを対応するサイトの vSphere Replication アプライアンスに登録する必要があります。

vSphere Replication アプライアンスでは、仮想アプライアンス管理インターフェイス (VAMI) が用意されています。このインターフェイスを使用して、vSphere Replication データベース、ネットワーク設定、パブリック キー証明書、およびアプライアンスのパスワードを再構成できます。

vSphere ReplicationSite Recovery Manager を使用する前に、Site Recovery Manager インフラストラクチャを構成する必要があります。

  • Site Recovery Manager のインストール時に、vSphere Replication オプションを必ず選択します。Site Recovery Manager のインストール時に vSphere Replication オプションを選択しなかった場合は、インストーラを修復モードで再実行してオプションを追加することができます。
  • 保護サイトとリカバリ サイトの接続 の説明にしたがって、Site Recovery Manager サーバ インスタンスのペアを作成します。

Site Recovery Manager インターフェイスの vSphere Replication ビューで、[[はじめに] ページ] にインストールと構成プロセスを正しく行うための有用なガイダンスが表示されます。