vSphere Replication は OVF 仮想アプライアンスとして配布されます。アプライアンスは、プライマリ サイトとセカンダリ サイトの両方にデプロイする必要があります。

Site Recovery Manager は、Site Recovery Manager が拡張する vCenter Server インスタンスから OVF ファイルをデプロイします。vSphere Replication の OVF ファイルも、Site Recovery Manager サーバ マシンの C:\Program Files\VMware\VMware vCenter Site Recovery Manager\www\vSphere_Replication_SRM_OVF10.ovf から利用できます。デフォルトの場所から vSphere Replication の OVF をデプロイできない場合や速度が遅い場合は、Site Recovery Manager サーバ からデプロイすることもできます。

前提条件

  • Site Recovery Manager のインストール時に、vSphere Replication をインストールすることを選択しました。
  • vSphere Client で、vSphere Replication をデプロイしている vCenter Server インスタンス上の [管理] > [vCenter Server 設定] > [詳細設定] に移動します。VirtualCenter.FQDN の値が完全修飾ドメイン名またはリテラルなアドレスに設定されていることを確認します。

手順

  1. Site Recovery Manager インターフェイスで [vSphere Replication] を選択します。
  2. [サマリ] タブで [VR アプライアンスのデプロイ]をクリックします。
  3. [OK] をクリックして、[[OVF テンプレートのデプロイ]] ウィザードを開始します。
  4. [次へ] をクリックして、デフォルトの場所から OVF ファイルをデプロイします。
  5. 仮想アプライアンスの詳細を確認し、[次へ] をクリックします。
  6. 仮想アプライアンス用に、デフォルトの名前とターゲット フォルダを承諾するか、新しい名前とフォルダを指定して [次へ] をクリックします。
  7. プロンプトに従って、仮想アプライアンス用のターゲット ホスト、データストア、およびディスク フォーマットを選択します。
  8. アプライアンスのプロパティを設定して、[次へ] をクリックします。
    オプション 説明
    パスワード アプライアンスの root パスワードを入力して確認します。
    初期構成 vSphere Replication の組み込みデータベースを使用します。組み込みデータベースを使用する場合は、デプロイ後すぐに vSphere Replication を使用できます。外部データベースで vSphere Replication を使用するには、チェックボックスをオフにします。外部データベースを使用する場合は、vSphere Replication を使用できるよう、まずそのデータベースを設定する必要があります。
    ネットワーク プロパティ ネットワーク設定を行わないと、アプライアンスは DHCP を使用します。アプライアンスに固定 IP アドレスを設定します。ネットワーク設定は、デプロイ後に仮想アプライアンス管理インターフェイス (VAMI) を使用して再構成することもできます。
  9. vCenter Extension vService へのバインドを確認し、[次へ] をクリックします。
  10. (オプション) [仮想マシンをパワーオン] チェック ボックスを選択し、[終了] をクリックします。
    vSphere Replication の OVF ファイルをデフォルトの場所からデプロイすると、チェック ボックスは自動的に選択されます。
  11. この手順を繰り返して、vSphere Replication をセカンダリ サイトにインストールします。

結果

OVF のデプロイが終了し、アプライアンスを起動すると、vSphere ReplicationvCenter Server の拡張機能として登録されます。vSphere Replication アプライアンスは、Site Recovery Manager インターフェイスの vSphere Replication タブのサイト名の下に表示されます。 vSphere Replication は、アプライアンスをデプロイしたらすぐに使用できます。手動での構成や登録は必要ありません。

次のタスク

vSphere Replication サイトに接続します。vSphere Replication アプライアンスの再設定も実行できます(省略可能)。