アレイベース レプリケーションと vSphere Replication の組み合わせを Site Recovery Manager デプロイで使用できます。

アレイベース アプリケーションと vSphere Replication を使用する混合 Site Recovery Manager デプロイを作成するには、両方のタイプのレプリケーションに対する保護サイトとリカバリ サイトを構成する必要があります。

  • ストレージ アレイをセットアップして接続し、両方のサイトに適切なストレージ レプリケーション アダプタ (SRA) をインストールします。
  • 両方のサイトに vSphere Replication アプライアンスをデプロイし、アプライアンス間の接続を構成します。
  • 必要に応じて、アレイベース レプリケーションまたは vSphere Replication を使用してレプリケーション用の仮想マシンを構成します。
    注: : アレイベース レプリケーションを使用してレプリケートするデータベースに存在する仮想マシンには、 vSphere Replication を構成しないでください。

アレイベース レプリケーションで構成する仮想マシンにはアレイベースの保護グループを作成し、vSphere Replication で構成する仮想マシンには vSphere Replication 保護グループを作成します。保護グループにレプリケーション タイプを混在させることはできません。アレイ ベースの保護グループと vSphere Replication 保護グループを同じリカバリ プランに混在させることはできます。

図 1. アレイベース レプリケーションと vSphere Replication を使用する Site Recovery Manager アーキテクチャ

アレイベース レプリケーションと vSphere Replication を使用する SRM アーキテクチャ