ストレージ ポリシー保護グループがストレージ ポリシーに関連付けられた仮想マシンの保護を試みるのは、Site Recovery Manager Server を起動するときに行われるポリシーの関連付けの間だけです。Site Recovery Manager は、ストレージ ポリシーへの関連付けが済んだ仮想マシンに定期的な保護を実施しようとはしません。

ストレージ ポリシー保護グループ内の仮想マシンに対する定期ポーリングがないために、ストレージ ポリシー保護グループにはいくつかの制限事項があります。
  • Site Recovery ManagervCenter Server から切断されている間に、仮想マシンのストレージ ポリシーの関連付けを変更した場合は、この変更が反映されない場合があります。仮想マシンを削除した場合にも同じことが当てはまり、その仮想マシンのストレージ ポリシーへの関連付けは自動的に解除されます。
  • 2 つの保護グループ(1 つはストレージ ポリシー保護グループ)に関連付けられている仮想マシンを保護する際に、もう一方の保護グループを削除した場合、ストレージ ポリシー保護グループは、仮想マシンの保護を自動的には行いません。ストレージ ポリシー保護グループによる保護が行われるようにするために、仮想マシンにストレージ ポリシーを再適用する必要があります。
  • 2 つの保護グループ(1 つはストレージ ポリシー保護グループ)に関連付けられている仮想マシンを保護する際に、仮想マシンの重複を防ぐためにもう一方の保護グループを再構成した場合、ストレージ ポリシー保護グループは、仮想マシンの保護を自動的には行いません。ストレージ ポリシー保護グループによる保護が行われるようにするために、仮想マシンにストレージ ポリシーを再適用する必要があります。
  • 2 つのストレージ ポリシー保護グループに関連付けられた仮想マシンを保護する場合に、その仮想マシンを移行し、古い保護グループではなく新しい保護グループへの関連付けを行うためにストレージ ポリシーを更新すると、その仮想マシンの保護に失敗することがあります。
ストレージ ポリシー保護グループは、特定の環境で一部の仮想マシンを自動的には保護しません。
  • ライセンスの制限が原因で最初は保護されていなかった仮想マシンは、ライセンスの制限を満たすために整合性グループと仮想マシンを変更した後でも保護されません。
  • ライセンスの制限が原因で最初は保護されていなかった仮想マシンは、さらに多くの仮想マシン用のライセンスをインストールした後でも保護されません。
  • 最初は保護されていなかった仮想マシン テンプレートは、標準の仮想マシンに変換した後でも保護されません。
  • 最初は保護されていなかった vApp の仮想マシンは、標準のリソース プールに移動した後でも保護されません。

これらの問題を解消するには、影響を受ける仮想マシンを現在のストレージ ポリシーに再度関連付けるか、Site Recovery Manager Server を再起動します。