Site Recovery Manager をアップグレードする前に、両方の Site Recovery Manager サイトに対し準備タスクを実行し、一定の情報を把握しているか確認する必要があります。

  • データベース ソフトウェアが提供するツールを使用して Site Recovery Manager データベースのフル バックアップをとります。組み込みデータベースのバックアップ方法については、組み込み vPostgres データベースのバックアップとリストアを参照してください。外部データベースから組み込みデータベースへのデータの移行はサポートされていません。アップグレードが失敗するとデータベースのバックアップ失敗が全 Site Recovery Manager データの消失につながります。

  • 既存のインストールで詳細設定を構成した場合は、vSphere Web Clientサイト リカバリ > サイト > サイト > 管理 > 詳細設定 で構成した設定をメモしておきます。

  • 更新リリースのスケジュールの都合により、すべての 6.0.x リリースでは、特定の Site Recovery Manager 6.1.x アップデート リリースへのアップグレードがサポートされていません。サポートされているアップグレード パスの詳細については、アップグレードの前に、「VMware 製品の相互運用性マトリックス」(英語版)のアップグレード パス > VMware vCenter Site Recovery Managerhttp://partnerweb.vmware.com/comp_guide2/sim/interop_matrix.php?)を参照してください。

    重要:

    Site Recovery Manager 5.x から Site Recovery Manager 6.1 へのアップグレードはサポートされていません。Site Recovery Manager 6.1 へのアップグレード前に、Site Recovery Manager 5.x から Site Recovery Manager 6.0.x リリースにアップグレードしてください。6.0.x へのアップグレードの詳細については、Site Recovery Manager 6.0 ドキュメントのSite Recovery Manager のアップグレードを参照してください。

  • Site Recovery Manager をアップグレードする場合、ローカルとリモートの Platform Services Controller インスタンスと vCenter Server インスタンスが動作している必要があります。

  • Site Recovery Manager をアップグレードしているサイトで、Platform Services ControllervCenter Server をアップグレードします。

  • 一方のサイトの Platform Services Controller、すべての vCenter Server コンポーネント、および Site Recovery Manager をすべてアップグレードした後に、他方のサイトの Platform Services ControllervCenter Server、および Site Recovery Manager をアップグレードします。

  • 両方のサイトの Platform Services Controller インスタンスのアドレスを取得します。Site Recovery Manager のインストール中は、 Platform Services Controllerを実行してアクセス可能な状態にしておく必要があります。

  • ローカルおよびリモート サイト両方の vCenter Single Sign-On の管理者ユーザー名とパスワードを取得します。

  • 組み込みデータベースを使用していない場合は、Site Recovery Manager データベースのユーザー名とパスワードを取得します。

  • Site Recovery ManagervSphere Replication とともに使用する場合は、Site Recovery Manager Server をアップグレードする前に、保護サイトとリカバリ サイトの両方で vSphere Replication をアップグレードします。アップグレード中、Site Recovery Manager インストーラによって vSphere Replication のバージョンが検証され、互換性のないバージョンが検出されるとアップグレードが停止します。Site Recovery Manager Server のアップグレード後に vSphere Replication をインストールすると、この検証は実行されず、互換性のないバージョンと見なされる可能性があります。Site Recovery ManagervSphere Replication のバージョンに互換性がないと、vSphere Web Client が動作を停止することがあります。

  • すでにインストールされている互換性のないバージョンの vSphere Replication をアップグレードできない場合は、vSphere Replication を両方の vCenter Server インスタンスから登録解除してから Site Recovery Manager をアップグレードします。Site Recovery ManagervSphere Replication のバージョンに互換性がないと、vSphere Web Client が動作を停止することがあります。vSphere Replication の互換性のないバージョンの登録解除を参照してください。

  • 起動する際に Site Recovery Manager インストーラは、検証のために vCenter Server コンポーネントの SSL/TLS 証明書を表示します。ローカル サイトの Platform Services Controller インスタンスとリモート サイトの Platform Services ControllervCenter Server インスタンスの証明書を検証するために、必要な情報を取得します。

  • カスタム証明書を使用する場合、適切な証明書ファイルを取得します。カスタム証明書には、少なくとも SHA1 またはできれば SHA256 サムプリント アルゴリズムを使用する必要があります。このリリースの Site Recovery Manager では、MD5 サムプリント アルゴリズムを使用する証明書はサポートしていません。Site Recovery Manager でカスタム SSL/TLS 証明書を使用する際の要件を参照してください。

  • Site Recovery Manager をアップグレードするマシンのフォルダに、Site Recovery Manager インストール ファイルをダウンロードします。

  • Site Recovery Manager Server をインストールする Windows マシンで、保留中になっている再起動がないことを確認します。Windows アップデータのサイレント インストールなど、他のインストールが実行されていないことを確認します。再起動が保留されていたり、インストールが実行中だったりすると、Site Recovery Manager Serverまたは組み込みの Site Recovery Manager データベースのインストールに失敗することがあります。

  • 重要:

    リカバリ プランに保留中のクリーンアップ処理がないか、Site Recovery Manager が保護する仮想マシンに構成上の問題がないか確認します。

    • すべてのリカバリ プランは「準備完了」状態。

    • 全保護グループの保護ステータスは OK。

    • 保護グループのすべての仮想マシンの保護ステータスは OK。

    • 全保護グループのリカバリ ステータスは「準備完了」。

  • ブラウザの Adobe Flash Player 設定を最適化して vSphere Web Client で使用可能なストレージ領域を増やします。Site Recovery Manager でリカバリを実行すると、Flash Player が消費を許可されているストレージ領域のデフォルト量を超える場合があります。vSphere Web ClientSite Recovery Manager 用に Flash Player 設定を最適化する方法については、http://kb.vmware.com/kb/2106096 を参照してください。