クリーンアップ ワークフローを使用して、テスト後のリカバリ プランを「準備完了」状態に戻しました。次の手順では、リカバリ プランのフェイルオーバー ワークフローを実行して、すべての仮想マシンのディザスタ リカバリをリカバリ サイトに対して実行します。

このシナリオでは、YourCo RP リカバリ プランを実行して、保護サイト A のリソースのディザスタ リカバリをリカバリ サイト B に対して実行します。

注: : リカバリ サイト B で現在のワークフローを実行します。

Site Recovery Manager インターフェイスでリカバリ プロセスの進行状況を確認できます。リカバリ プロセスの詳細な記録を取得するために、Site Recovery Manager インターフェイスを使用してレポートを生成することができます。

ディザスタ リカバリの詳細については、Site Recovery Manager ドキュメント センターの「リカバリ プランの実行による計画移行またはディザスタ リカバリの実行」トピックを参照してください。

前提条件

  • Orchestrator クライアントを使用してリカバリ サイト B に接続します。
  • 現在の Orchestrator クライアント セッションで [リモートサイトへのログイン] ワークフローを実行していることを確認します。
  • リカバリ プラン クリーンアップを実行していることを確認します。ユーザー シナリオ:リカバリ プランのクリーンアップ を参照してください。
  • リカバリ プランが「準備完了」状態であることを確認します。リカバリ状態の取得ワークフローを実行するか、または Site Recovery Manager インターフェイスを使用すると、リカバリ プランの状態を確認できます。リカバリ プランの状態の詳細については、Site Recovery Manager ドキュメント センターの「リカバリ プラン スタータスのリファレンス」トピックおよび『Site Recovery Manager API 開発者ガイド』ドキュメントの「RecoveryPlanGetInfo」セクションを参照してください。

手順

  1. 管理者として Orchestrator クライアントにログインし、左上隅にあるドロップダウン メニューから [設計] または [実行] を選択します。
  2. Orchestrator クライアントの左側のペインにある [ワークフロー] ビューをクリックします。
  3. [Library(ライブラリ)] > [SRM] > [リカバリ プラン] の順に選択します。
  4. [リカバリ プランのフェイルオーバーの開始] ワークフローを実行します。
    1. ワークフローを右クリックして、[Start workflow(ワークフローの開始)] を選択します。
    2. [プラン] 設定で、[設定されていません] をクリックして、リカバリ サイト B で実行する [YourCo RP] リカバリ プランを選択します。
    3. [Submit(送信)] をクリックします。

次のタスク

リカバリ プランの再保護ワークフローを開始します。ユーザー シナリオ:リカバリ後のリソースの再保護を参照してください。