Site Recovery Manager プラグインを使用するには、最初に Orchestrator インスタンスにインストールします。Site Recovery Manager プラグインは、Site Recovery Manager および Orchestrator と互換性があるバージョンをインストールする必要があります。

Site Recovery Manager プラグインのインストール

Site Recovery Manager サイトがペアで、Orchestrator インスタンスが vSphere 環境に対応するように構成されている場合は、Site Recovery Manager プラグインをインストールできます。

Component ManagervCenter Server Single Sign-On vCenter Server プラグインを構成して vSphere 構成を使用できるように Orchestrator を構成する必要があります。

vSphere 環境に対応するように Orchestrator を構成する方法の詳細については、『VMware Realize Orchestrator のインストールと構成』ドキュメントの「vRealize Orchestrator の構成」セクションを参照してください。

Site Recovery Manager のダウンロード ページから Site Recovery Manager プラグインのインストール ファイル .vmoapp をダウンロードできます。

http://your_orchestrator_server:8283/vco-config の構成インターフェイスを使用すると、Site Recovery Manager プラグインをインストールできます。Orchestrator インスタンスに .vmoapp ファイルをインストールする方法の詳細については、『VMware Realize Orchestrator のインストールと構成』ドキュメントの「VMOAPP ファイルとして配布された新しいプラグインのインストール」トピックを参照してください。

Site Recovery Manager プラグインのアップグレードおよびアンインストール

プラグインをアンインストールして新しいバージョンをインストールすると、Site Recovery Manager プラグインをアップグレードできます。

http://your_orchestrator_server:8283/vco-config の構成インターフェイスを使用すると、Site Recovery Manager プラグインをアンインストールできます。Site Recovery Manager プラグインをアンインストールする方法の詳細については、『VMware Realize Orchestrator のインストールと構成』ドキュメントの「プラグインのアンインストール」トピックおよび http://kb.vmware.com/kb/2064575 のナレッジベースの記事「Uninstalling a plug-in from VMware vRealize Orchestrator 5.5.x, 6.0.x, and 7.0.0」を参照してください。