vRealize Orchestrator plug-in for Site Recovery Manager を使用すると、Site Recovery Manager インフラストラクチャの作成を自動化し、サイト間のリソース マッピングの管理、保護グループとリカバリ プランの構成、仮想マシンの保護グループへの追加、仮想マシンのリカバリ構成、リカバリの実行を行うことができます。

vRealize Orchestrator plug-in for Site Recovery Managerを使用すると、仮想マシンをアレイベース レプリケーションまたは vSphere Replication 保護グループに追加することによって保護できます。プラグインにより、仮想マシンにおける vSphere Replication の構成が自動化されることはありません。vRealize Orchestrator Plug-In for vSphere Replication を使用して、仮想マシンに vSphere Replication を構成したり、vSphere Replication を手動で構成したりできます。vRealize Orchestrator Plug-In for vSphere Replication の詳細については、vSphere ReplicationvRealize Orchestrator プラグインのリリース ノートを参照してください。

vRealize Orchestrator plug-in for Site Recovery Manager には、vRealize Orchestrator のアクション、ワークフロー、特定のイベントが発生した場合にアクションをトリガするポリシー テンプレート、Site Recovery Manager API の指定した要素をワークフローに公開するためのスクリプティング オブジェクトが含まれます。

このプラグインは、ローカルおよびリモート サイトの構成、ローカル サイトの削除、リモート サイトへのログインを行うワークフローを提供します。

注: : ローカル サイトとリモート サイトを構成するワークフローでは、 vRealize Orchestrator トラスト ストアに、ローカル サイト インフラストラクチャ ノードの SSL 証明書と、ローカル サイトの vCenter Server SSL 証明書がすでにあることを前提としています。組み込みの構成では、 vRealize Orchestrator トラスト ストアに証明書が 1 つだけあることを前提としています。管理者がいずれかの SSL 証明書を更新した場合は、適切なワークフローを再実行する必要があります。

このプラグインは、Site Recovery Manager インフラストラクチャでインベントリ マッピングを管理するアクションとワークフローを提供します。

  • フォルダ マッピングの追加、取得、削除
  • ネットワーク マッピングの追加、取得、削除
  • リソース マッピングの追加、取得、削除
  • テスト ネットワーク マッピングの追加、取得、削除

このプラグインは、保護グループを管理して構成するアクションとワークフローを提供します。

  • アレイベース レプリケーションまたは vSphere Replication の保護グループの作成、リスト、削除
  • vSphere Replication 保護グループから複製された仮想マシンの追加または削除
  • 仮想マシンの保護または保護解除
  • 保護グループに関連付けられたすべての仮想マシンの保護
  • 保護されたデータストアのリスト
  • 未割り当ての複製されたデータストアの取得
  • データストアごとのアレイベース レプリケーション保護グループの検出

このプラグインは、リカバリ プランを管理して構成するアクションとワークフローを提供します。

  • リカバリ プランの作成または削除
  • 保護グループへの追加、またはリカバリ プランからの保護グループの削除
  • テスト ネットワーク マッピングの追加、またはリカバリ プランからのテスト ネットワーク マッピングの削除
  • 仮想マシンのリカバリ設定
  • リカバリ プランのリスト、およびリカバリ プランの状態の取得
  • 次の内容を開始します。

    リカバリ プランのテスト

    リカバリ プランのクリーンアップ

    リカバリ プランのフェイルオーバー

    リカバリ プランの再保護

    リカバリ プランのキャンセル

    計画移行リカバリ プラン

注: : プラグインがリカバリ プランのテスト、クリーンアップ、フェイルオーバー、再保護、計画移行、キャンセルを開始すると、リカバリ プランの状態の初期確認が行われます。ワークフローが正常に実行された場合でも、失敗した場合でも、操作の進捗に関する情報は提供されません。プランの進捗は、 vSphere Web Client で監視できます。

このプラグインは、サンプルの自動化されたアクションとワークフローを提供します。

  • 単一または複数の仮想マシンの UnassignedReplicatedVM への変換
  • アレイベース保護グループの作成、既存の仮想マシンの保護、リカバリ プランへの追加
  • 仮想マシンの作成および保護