インベントリ マッピングを使うと、Site Recovery Manager が保護サイトにある仮想マシンのリソースをリカバリ サイトのリソースにどのようにマッピングするか構成することができます。インベントリ マッピングは、リカバリ サイトのインベントリにデフォルト オブジェクトを提供し、リカバリの実行時に、リカバリされる仮想マシンによって使用されます。

アレイベース レプリケーションおよび vSphere Replication については、保護グループを作成する前にサイト全体のインベントリ マッピングを構成する場合、デフォルトでは、すべての保護対象の仮想マシンに対してこれらのマッピングが使用されます。 Site Recovery Manager は、保護グループの作成時に、アレイベース レプリケーション保護グループまたは vSphere Replication 保護グループ内のすべての仮想マシンにサイト全体のマッピングを適用します。サイト全体のインベントリ マッピングは、保護サイトおよびリカバリ サイトで対応する、以下のオブジェクト間に設定することができます。

  • ネットワーク。テスト ネットワークを含む
  • データセンターまたは仮想マシンのフォルダ
  • リソース プール、スタンドアロン ホスト、vApp、クラスタ
注: : リカバリ サイトのリソース プール、フォルダ、またはネットワークは、同じリモート データセンターに存在する必要があります。