仮想マシンをリカバリする時は、Site Recovery Manager は事前に定義された手順を特定の順序で実行します。

[仮想マシン リカバリ設定の指定] を使用すると、仮想マシンのリカバリ方法の設定とカスタマイズができます。このワークフローの [コマンド] または [プロンプト] 入力を使用すると、手順をカスタマイズして追加することができます。

表 1. [仮想マシン リカバリ設定の指定] ワークフローの入力
入力 説明
リカバリ プラン ローカル Site Recovery Manager サイトのリカバリ プラン
仮想マシン リカバリ設定を指定する仮想マシン
電源 仮想マシンの最終電源状態
優先グループ 仮想マシンのシャットダウンおよびパワーオンの順序を、最高 1、最低 5 で指定します
パワーオン前後の手順 コマンド コマンド名 コマンド名を指定します
コマンド テキスト 実行するコマンドまたはスクリプトを指定します
コマンド タイムアウト 実行後のタイムアウトを設定します
プロンプト プロンプト名 プロンプト名を指定します
プロンプト テキスト ユーザーにタスク実行を確認し、ユーザーが認証する必要のある情報を提供します