Site Recovery Managerを使用して Microsoft Cluster Server(MSCS)とフォールト トレラント仮想マシンを保護することができますが、いくつかの制約があります。

Site Recovery Managerを使用して MSCS とフォールト トレラント仮想マシンを保護するには、環境の変更が必要な場合があります。

MSCS およびフォールトトレラント仮想マシンの保護についての一般的な制限

MSCS およびフォールト トレラント仮想マシンの保護には、次の制限があります。

  • アレイ ベース レプリケーションは、MSCS 仮想マシンの保護にのみ使用できます。vSphere Replicationでの MSCS 仮想マシンの保護はサポートされていません。
  • MSCS またはフォールト トレラント仮想マシンの再保護には、VMware High Availability (HA) と VMware Distributed Resource Scheduler (DRS) が必要です。再保護中に MSCS またはフォールト トレラント仮想マシンをそのプライマリ サイトとセカンダリ サイト間で移動する際は、HA と DRS を有効にして、アフィニティ ルールとアンチアフィニティ ルールを適切に設定する必要があります。MSCS 仮想マシンの保護のための DRS 要件を参照してください。
  • アレイベース レプリケーションを使用すると、複数の vCPU フォールト トレランス (SMP-FT) 仮想マシンを保護できます。プライマリおよびセカンダリの両方のフォールト トレランス仮想マシンのディスク ファイルが、レプリケートされた LUN 上に配置されていて、すべての LUN が同じ整合性グループに属している必要があります。
  • Site Recovery Managerがフェイルオーバーを試行するのは、プライマリ SMP-FT 仮想マシンのみです。プライマリ SMP-FT 仮想マシンのファイルに問題があっても、セカンダリ SMP-FT 仮想マシンへのフェイルバックを試行しません。
  • SMP-FT 仮想マシンが保護されていて、そのストレージがレプリケーションの要件を満たさない場合、Site Recovery Managerは警告を生成しません。
  • 1 つの保護グループで保護できるのは、1 台の SMP-FT 仮想マシンのみです。
  • Site Recovery Managerは、vSphere Replication でレプリケートされた SMP-FT 仮想マシンをサポートしません。
  • Site Recovery Managerは、ストレージ ポリシー保護グループ内の SMP-FT 仮想マシンをサポートしません。SMP-FT はストレージ プロファイルをサポートしません。
  • 再保護の実行中に、Site Recovery Managerは元の保護サイト上の SMP-FT 構成を保持しません。
  • フェイルオーバーの実行中に、ターゲット仮想マシンは非 FT 仮想マシンとしてパワーオンされます。フェイルオーバー後にターゲット仮想マシンを SMP-FT 仮想マシンとして構成するには、Site Recovery Managerの外部ツールを使用します。

MSCS 仮想マシンの保護のための ESXiホスト要件

MSCS またはフォールト トレラント仮想マシンを保護するには、仮想マシンが実行されている ESXiホスト マシンが特定の基準を満たしている必要があります。

  • フォールト トレラント仮想マシンおよびそのシャドウを 2 つの別々の ESXiServer インスタンスで実行する必要があります。
  • MSCS仮想マシンのクラスタを、次の構成で実行することができます。
    筐体内クラスタ
    クラスタ内の MSCS 仮想マシンが単一の ESXiServer 上で実行されています。1 台の ESXiServer 上に最大で 5 個の MSCS ノードを使用できます。
    筐体間クラスタ
    最大で 5 つの ESXiServer インスタンスに MSCS クラスタを分散することができます。単一の ESXiServer インスタンス上にある任意の MSCS クラスタの仮想マシン ノードを 1 つのみ保護できます。複数の MSCS ノード 仮想マシンが同じ MSCS クラスタに参加していない限り、1 つの ESXiホスト上でそれらの仮想マシンを実行することができます。この構成には、クォーラム ディスクとしてファイバ チャネル SAN 上に共有ストレージが必要です。

MSCS 仮想マシンの保護のための DRS 要件

MSCS 仮想マシンを含むサイトで DRS を使用するには、DRS ルールを構成してSite Recovery Managerが仮想マシンを保護できるようにする必要があります。ガイドラインを使用することにより、プレースホルダ仮想マシンが筐体間クラスタ MSCS デプロイまたは筐体内クラスタ MSCS デプロイのいずれかにある場合、DRS を実行するサイトで MSCS 仮想マシンを保護できます。

  • ゲスト OS で MSCS を構成する前に、保護サイトの仮想マシンに DRS ルールを設定します。仮想マシンをデプロイ、構成、パワーオンした直後に DRS ルールを設定します。
  • MSCS ノードの保護グループを作成した直後、プレースホルダ仮想マシンがリカバリ サイトに表示されたらすぐに、DRS ルールをリカバリ サイトの仮想マシンに設定します。
  • 保護サイトで設定した DRS ルールはリカバリ後のリカバリ サイトに転送されません。したがって、リカバリ サイトのプレースホルダ仮想マシンには DRS ルールを設定する必要があります。
  • リカバリ サイトに DRS ルールを設定する前に、テスト リカバリまたは実際のリカバリを実行しないでください。

保護サイトまたはリカバリ サイトのいずれかでガイドラインを守らない場合、vSphere vMotion は MSCS 仮想マシンを Site Recovery Managerがサポートしていない構成に移動することがあります。

  • 保護サイトまたはリカバリ サイトのいずれかの筐体内クラスタ デプロイの場合、vSphere vMotion は MSCS 仮想マシンを別の ESXiホストに移動することがあります。
  • 保護サイトまたはリカバリ サイトのいずれかの筐体内クラスタ デプロイの場合、vSphere vMotion は一部またはすべての MSCS 仮想マシンを 1 つの ESXiホストに移動することがあります。