Site Recovery Manager を以前のリリースに戻すには、保護サイトとリカバリ サイトから Site Recovery Manager をアンインストールする必要があります。その後、以前のリリースを再インストールします。

前提条件

  • vCenter Server のインストールが、戻そうとしている Site Recovery Manager のリリースをサポートしていることを確認します。https://docs.vmware.com/jp/Site-Recovery-Manager/8.3/rn/srm-compat-matrix-8-3.html にある『Site Recovery Manager 8.3 互換性マトリックス』を参照してください。vCenter Server インストールを元に戻す方法の詳細については、vSphere のドキュメントを参照してください。
  • Site Recovery Manager を以前のリリースからこのリリースにアップグレードする前に、Site Recovery Manager データベースをバックアップしていることを確認します。組み込みデータベースのバックアップ方法については、組み込み vPostgres データベースのバックアップとリストアを参照してください。

手順

  1. Windows の [コントロール パネル] のオプションを使用して、保護サイトとリカバリ サイトの Site Recovery Manager をアンインストールします。
    保護サイトとリカバリ サイトで Site Recovery Manager Server インスタンスを接続している場合は、両方のサイトで Site Recovery Manager をアンインストールする必要があります。サイト ペアリングの一方から Site Recovery Manager をアンインストールし、他方からはアンインストールしない場合、残っているサイトのデータベースの整合性が失われます。
  2. 以前のリリースから Site Recovery Manager をアップグレードしたときに作成したバックアップから Site Recovery Manager データベースをリストアします。
    両方のサイトのデータベースをリストアし、同期させる必要があります。バックアップからデータベースをリストアする方法の詳細については、お使いのデータベース ベンダーのドキュメントを参照してください。
  3. 保護サイトとリカバリ サイトに Site Recovery Manager Server の以前のリリースをインストールします。
  4. 保護サイトとリカバリ サイトで Site Recovery Manager Server インスタンス間の接続を再確立します。

結果

以前のバージョンから Site Recovery Manager データベースのバックアップをリストアする場合は、Site Recovery Manager をアップグレードする前に作成したすべての構成または保護プランが保持されます。