Site Recovery Manager Server をインストールして共有リカバリ サイトとともに使用するには、Site Recovery Manager インストーラを実行し、サイト ペアにSite Recovery Manager ID を指定します。

各保護サイトについて、保護サイトで Site Recovery Manager Server のインスタンスを 1 つと、リカバリ サイトで Site Recovery Manager Server のインスタンスを 1 つインストールする必要があります。Site Recovery Manager の拡張機能 ID が同じ Site Recovery Manager Server インスタンスのみをペアリングできます。各保護サイトに、専用の vCenter Server インスタンスを配置する必要があります。最大 10 個の保護サイトを単一のリカバリ サイトに接続できます。

前提条件

  • Site Recovery Manager ホストのフォルダに Site Recovery Manager Server インストール ファイルをダウンロードします。
  • この情報は、Site Recovery Manager の標準インストール手順の知識があることを前提としています。Site Recovery Manager の標準インストールについては、Windows 版 Site Recovery Manager Server のインストール を参照してください。

手順

  1. Site Recovery Manager インストーラ アイコンをダブルクリックしてインストール言語を選択し、[OK] をクリックします。
  2. プロンプトに従って、Site Recovery Manager のインストールを開始します。
  3. [SRM プラグイン ID] ページで、[カスタム SRM プラグイン ID] を選択し、このカスタムSite Recovery Manager 拡張を識別するための情報を提供し、[次へ] をクリックします。
    オプション 説明
    SRM ID Site Recovery Manager Server インスタンスのこのペアの一意の識別子を入力します。Site Recovery Manager ID には、大文字、小文字、数字、アンダースコア、ピリオド、ハイフンの組み合わせから成る 29 文字以内の ASCII 文字列が使用できます。アンダースコア、ピリオド、ハイフンは、Site Recovery Manager ID の最初と最後の文字に使用したり、連続して並べたりすることはできません。
    組織 50 文字以内の ASCII 文字列を入力して拡張機能を作成した組織を指定します。
    説明 50 文字以内の ASCII 文字列を入力して拡張機能の説明を指定します。
  4. プロンプトの指示に従って、インストールの残りを完了します。
  5. 保護するサイトそれぞれに対して、この手順を繰り返します。
    Site Recovery Manager Server をそれぞれの vCenter Server インスタンスに接続します。一意の Site Recovery Manager ID を各 Site Recovery Manager Server に割り当てます。