Site Recovery Manager for Windows をアップグレードするには、いくつかのタスクを実行します。

サポートされているアップグレード パスの詳細については、アップグレードの前に、「VMware 製品の相互運用性マトリックス」(英語版)の[アップグレード パス] > [VMware vCenter Site Recovery Manager]http://partnerweb.vmware.com/comp_guide2/sim/interop_matrix.php?)を参照してください。

Site Recovery Manager 5.8.x から Site Recovery Manager 8.3 へのアップグレードはサポートされていません。
  1. まず、Site Recovery Manager をバージョン 5.8.x から 6.0.x にアップグレードする必要があります。
  2. Site Recovery Manager をバージョン 6.0.x にアップグレードした後で、保護サイトとリカバリ サイトの Site Recovery Manager インスタンス間のペアリングを再構成する必要があります。
  3. Site Recovery Manager をバージョン 6.0.x から 6.1.2.x にアップデートします。
  4. Site Recovery Manager をバージョン 6.1.2.x にアップグレードした後で、保護サイトとリカバリ サイトの Site Recovery Manager インスタンス間のペアリングを再構成する必要があります。
  5. Site Recovery Manager をバージョン 6.1.2.x から 8.1.1 または 8.1.2 にアップグレードします。
  6. Site Recovery Manager をバージョン 8.1.1 または 8.1.2 にアップグレードした後で、保護サイトとリカバリ サイトの Site Recovery Manager インスタンス間のペアリングを再構成する必要があります。
Site Recovery Manager 6.0.x から Site Recovery Manager 8.3 へのアップグレードはサポートされていません。
  1. Site Recovery Manager をバージョン 6.0.x から Site Recovery Manager 6.1.2.x にアップデートします。6.1.x へのアップデートの詳細については、Site Recovery Manager 6.1 ドキュメントのSite Recovery Manager のアップグレードを参照してください。
  2. Site Recovery Manager をバージョン 6.1.2.x にアップグレードした後で、保護サイトとリカバリ サイトの Site Recovery Manager インスタンス間のペアリングを再構成する必要があります。
  3. Site Recovery Manager をバージョン 6.1.2.x から 8.1.1 または 8.1.2 にアップグレードします。
  4. Site Recovery Manager をバージョン 8.1.1 または 8.1.2 にアップグレードした後で、保護サイトとリカバリ サイトの Site Recovery Manager インスタンス間のペアリングを再構成する必要があります。

アップグレードタスクは、順番に実行してください。まず、保護サイトでのアップグレード タスクをすべて完了してから、復旧サイトでのタスクを実行します。