ストレージ ポリシー保護を使用する再保護プロセスでは、Site Recovery Manager はレプリケーション方向を反転させ、かつてのリカバリ サイト上にある関連するストレージ ポリシーに関連付けられた仮想マシンを保護します。Site Recovery Manager は、vSphere エンティティの保護と、新しい保護サイトの監視を再確立します。

ストレージ ポリシー保護グループのレプリケーション反転は、基盤となるストレージにのみ影響するので、アレイベース レプリケーション保護グループのレプリケーション反転と同じです。ストレージ ポリシー保護グループを含むリカバリ プランで再保護を実行すると、ストレージ アレイのレプリケーション テクノロジーにより、保護グループに含まれるストレージ ポリシーに関連付けられたすべての整合性グループのレプリケーションが反転します。

ストレージ アレイが、保護グループに含まれる整合性グループのレプリケーション反転に失敗すると、リカバリ プランが [不完全な再保護] 状態になります。この状態になった場合は、ストレージの問題を解決して再保護を再度実行する必要があります。ストレージ ポリシー保護グループに対する再保護の再実行が影響するのは、前回の再保護操作が正常に完了しなかった整合性グループのレプリケーション方向のみです。

ストレージ アレイによってレプリケーション方向が反転されると、Site Recovery Manager が vSphere エンティティの保護と監視を再確立します。再保護中に行われる vSphere エンティティの保護と監視の再確立の条件は、ストレージ ポリシー保護グループの作成中に行われる vSphere エンティティの保護と監視の再確立の条件より緩やかです。

  • Site Recovery Manager は、準拠性を確かめるため、新しい保護サイトのストレージ ポリシーを確認します。新しい保護サイトのストレージ ポリシーが非準拠でも、再保護は失敗しませんが、Site Recovery Manager がそのストレージ ポリシーに関連付けられた仮想マシンを保護することはできません。準拠性については、ストレージ ポリシー保護グループの前提条件ストレージ ポリシー保護グループの制限事項を参照してください。
  • Site Recovery Manager は、新しい保護サイトで vSphere エンティティの監視を再び開始します。
  • Site Recovery Manager は、準拠しているすべての仮想マシンの保護を開始します。ここで言う仮想マシンは、最初にリカバリ プランを実行したときにリカバリされた一連の仮想マシンではない場合があります。自分または他のユーザーが、新しい保護サイトでさらに別の仮想マシンをこのストレージ ポリシーと関連付けている可能性があるためです。Site Recovery Manager が新しい保護サイトにある仮想マシンの保護に失敗しても、再保護は失敗しません。
  • ストレージ ポリシー保護グループは、新しい保護サイトから新しいリカバリ サイトにリカバリできます。