vSphere ReplicationSite Recovery Manager を正常にデプロイするには、必要な一連のタスクを実行します。

プライベート クラウド環境の設定

Google Cloud VMware Engine プライベート クラウドをオンプレミス サイトのディザスタ リカバリ サイトとして使用できます。
  1. VMware Engine ポータルでプライベート クラウドを作成します。Google Cloud VMware Engine のドキュメントCreating a private cloudを参照してください。
  2. Site Recovery Manager のプライベート クラウド ネットワークを設定します。Google Cloud VMware Engine のドキュメントCreating and managing subnetsを参照してください。
  3. オンプレミスからクラウドへの接続を設定します。サイト間 VPN または Cloud Interconnect を使用する必要があります。詳細については、Google Cloud のCloud VPN のドキュメントおよび Google Cloud のCloud Interconnect のドキュメントを参照してください。
  4. プライベート クラウドにインフラストラクチャ サービスを設定します。詳細については、Google Cloud VMware Engine ドキュメントConfiguring disaster recovery using SRMを参照してください。

Google Cloud VMware Engine プライベート クラウドでの vSphere Relication および Site Recovery Manager の設定

  1. インストール用のソリューション ユーザー アカウントを準備します。Google Cloud VMware Engine のドキュメントUsing solution user accountsを参照してください。
  2. プライベート クラウドに vSphere Replication アプライアンスをデプロイします。この手順は、オンプレミス サイトに vSphere Replication をインストールする場合と同じです。『vSphere Replication の管理』ガイドのvSphere Replication のインストールおよび設定を参照してください。
  3. vSphere Replication アプライアンスのファイアウォール ルールを構成します。Google Cloud VMware Engine のドキュメントFirewall tablesを参照してください。
  4. プライベート クラウドに Site Recovery Manager をインストールします。この手順は、オンプレミス インストールの手順と同じです。Site Recovery Manager Appliance のデプロイを参照してください。
  5. Site Recovery Manager アプライアンスのファイアウォール ルールを構成します。Google Cloud VMware Engine のドキュメントFirewall tablesを参照してください。
  6. 保護サイトとリカバリ サイトの Site Recovery Manager インスタンスを接続します。
  7. Site Recovery Manager のライセンス キーのインストールSite Recovery Manager のライセンス キーのインストールを参照してください。