アレイベースの保護グループまたは vSphere Replication保護グループを使用している場合は、プレースホルダ仮想マシンを保存するために使用する Site Recovery Manager 用のプレースホルダ データストアをリカバリ サイトで指定する必要があります。

ペアの両方のサイトでプレースホルダ データストアを構成して、双方向の保護を確立し、再保護を実行する必要があります。

前提条件

  • 保護サイトと復旧サイトの接続およびペアリングが完了していることを確認します。
  • プレースホルダ データストアは一定の基準を満たしている必要があります。
    • クラスタの場合、クラスタ内のすべてのホストからプレースホルダ データストアを認識できる必要があります。
    • アレイベース レプリケーションを使用してレプリケートされたデータストアを、プレースホルダ データストアとして選択することはできません。

手順

  1. vSphere Client で、[Site Recovery] > [Site Recovery を開く] の順にクリックします。
  2. [Site Recovery] ホーム タブでサイトのペアを選択して、[詳細表示] をクリックします。
  3. [サイト ペア] タブで、[構成] > [プレースホルダ データストア] を選択します。
  4. サイトを選択し、[新規] をクリックして、プレースホルダ データストアを構成します。
  5. ローカル サイトでプレースホルダ仮想マシンの場所として指定するデータストアを選択し、[OK] をクリックします。
    事前に構成されているデータストアが表示されますが、選択することはできません。データストアがレプリケートされ、 Site Recovery Manager にそのデータストアのアレイ マネージャがない場合、レプリケートされるデータストアを選択するオプションが使用できる場合があります。 Site Recovery Manager が管理していないレプリケートされたデータストアは選択しないでください。
    重要: vSphere Replicationを使用する場合は、レプリケーションのターゲット データストアとしてすでに使用しているプレースホルダ データストアを選択できます。同じデータストアを使用する場合、 Site Recovery Managerはレプリケーション ターゲットの名前を使用し、サフィックス (1) を追加してプレースホルダ仮想マシンを作成します。 vSphere Replication保護グループについては、 vSphere Replication 保護グループを参照してください。同じデータストアを選択すると、レプリケーション ターゲットとプレースホルダ仮想マシンを区別する際に混乱することがあります。混乱を避けるためのベスト プラクティスは、個別のデータストアを使用することです。

    プレースホルダ データストアが vSphere Replicationのレプリカのターゲット データストアと同じストレージ DRS クラスタにないことを確認してください。

    注: vSphere Replicationを使用して、仮想マシンのレプリケーションを構成または再構成する場合は、プレースホルダ仮想マシン フォルダを仮想マシンのレプリケーション フォルダとして設定しないでください。
  6. ペアのもう一方のサイトを選択します。
  7. 手順 3から手順 5までを繰り返し、もう一方のサイトのプレースホルダ データストアを構成します。