データストア グループを含むアレイベース レプリケーション保護グループ、または個別の仮想マシンを含む vSphere Replication 保護グループを作成する場合、Site Recovery Manager は、保護グループ内の各仮想マシン用のプレースホルダ仮想マシンをリカバリ サイトで作成します。

プレースホルダ仮想マシンは、仮想マシン ファイルのサブセットです。Site Recovery Manager は、このファイルのサブセットを使用して、リカバリ サイトの vCenter Server に仮想マシンを登録します。

プレースホルダ仮想マシンのファイルはサイズがきわめて小さく、保護された仮想マシンの全コピーを表しているわけではありません。プレースホルダ仮想マシンには、ディスクは接続されていません。プレースホルダ仮想マシンは、リカバリ サイトにコンピューティング リソースを保持するほか、リカバリ実行時に、保護された仮想マシンがリカバリされる vCenter Server インベントリでの位置を指定します。

リカバリ サイトのインベントリにおけるプレースホルダ仮想マシンの有無は、vCenter Server 管理者にとって、仮想マシンが Site Recovery Manager によって保護されているかどうかの指標となります。また、プレースホルダによって、vCenter Server 管理者は、Site Recovery Manager でのリカバリ プランのテストまたは実行時に、仮想マシンのパワーオンとローカル リソースの使用を開始できることがわかります。

保護された仮想マシンがリカバリ プランのテストまたは実行によりリカバリされると、Site Recovery Manager は、そのプレースホルダをリカバリした仮想マシンで置き換え、リカバリ プランの設定にしたがってパワーオンします。リカバリ プランのテストが完了すると、Site Recovery Manager は、クリーンアップ処理の一部として、プレースホルダをリストアし、リカバリされた仮想マシンをパワーオフします。

プレースホルダ仮想マシン テンプレートについて

保護サイトのテンプレートを保護すると、Site Recovery Manager は、コンピューティング リソースのデフォルトのリソース プールに仮想マシンを作成し、その仮想マシンをテンプレートとしてマークして、プレースホルダ テンプレートを作成します。Site Recovery Manager は、保護サイト上の仮想マシンのフォルダがマッピングされた、リカバリ サイト上のデータセンター内にある利用可能な一連のコンピューティング リソースからコンピューティング リソースを選択します。選択されたコンピューティング リソース内のすべてのホストは、1 つ以上のプレースホルダ データストアにアクセスできる必要があります。コンピューティング リソース内の 1 台以上のホストで、保護される仮想マシン テンプレートのハードウェア バージョンがサポートされている必要があります。

プレースホルダ データストアについて

アレイベース レプリケーションを使用してデータストア グループを保護する場合、または vSphere Replication を使用して個別の仮想マシンを保護する場合は、Site Recovery Manager がプレースホルダ仮想マシン ファイルを保存する、リカバリ サイト上のデータストアを特定する必要があります。

プレースホルダ仮想マシン ファイルはサイズがきわめて小さいため、プレースホルダ データストアは、すべての仮想マシンを収容できる大きさでなくてもかまいません。

計画された移行および再保護を有効にするには、両方のサイトでプレースホルダ データストアを選択する必要があります。