同じ仮想マシンで Site Recovery Manager の保護と VMware Cloud Disaster Recovery の高頻度スナップショットを併用することはできますが、いくつかの制約があります。

VMware Cloud Disaster Recovery の高頻度スナップショットで保護された仮想マシンを vSphere Replication でレプリケートし、その仮想マシンを vSphere Replication 保護グループに含めることができます。

VMware Cloud Disaster Recovery Site Recovery Manager を使用して、同じ仮想マシンの並行フェイルオーバーを実行することはできません。

VMware Cloud Disaster Recovery の高頻度スナップショットで保護された仮想マシンを、アレイベースのレプリケーション保護グループに含めることはできません。 Site Recovery Manager は、適用されたフィルタがあることを識別して、操作は失敗します。

Site Recovery Manager の自動保護では、VMware Cloud Disaster Recovery の高頻度スナップショットを使用して保護されている仮想マシンは保護されません。VMware Cloud Disaster Recovery の高頻度スナップショットの使用が停止された場合は、仮想マシンを手動で保護する必要があります。