Site Recovery Manager Appliance 管理インターフェイスを使用して、プライバシー、速度、またはセキュリティ上の理由によりアプライアンスのネットワーク設定をカスタマイズできます。

手順

  1. 管理者として Site Recovery Manager Appliance 管理インターフェイスにログインします。
  2. [ネットワーク] をクリックします。
  3. ネットワークを構成するには、[編集] をクリックします。
  4. [ホスト名と DNS] ペインで DNS を設定します。
    メニュー項目 説明
    DNS 設定を自動的に取得 ネットワークから DNS 設定を自動的に取得します。
    DNS 設定を手動で入力 手動で設定した DNS アドレス設定を使用します。このオプションを選択する場合は、プライマリおよびセカンダリ DNS サーバの IP アドレスを指定する必要があります。
  5. [eth0] ペインで、IPv4 または IPv6 プロトコル タイプを選択し、IP アドレスを設定します。
    • IPv4 アドレスを設定します。
      オプション 説明
      IPv4 設定を自動的に取得 ネットワークからアプライアンスの IP アドレスを取得します。
      IPv4 設定を手動で入力 手動で設定した IPv4 アドレスを使用します。
      1. IPv4 アドレスを入力します。
      2. サブネット プリフィックス長を入力します。
      3. デフォルトの IPv4 ゲートウェイを入力します。
    • IPv6 アドレスを設定します。
      オプション 説明
      DHCP を使用して IPv6 設定を自動的に取得 DHCP を使用することで、ネットワークからアプライアンスに IPv6 アドレスを割り当てます。
      注: この設定を適用するには、 Site Recovery Manager Appliance を再起動する必要があります。
      ルーターのアドバタイズを使用して IPv6 設定を自動的に取得 ルーターのアドバタイズを使用することにより、ネットワークからアプライアンスに IPv6 アドレスを割り当てます。
      固定 IPv6 アドレスを使用 手動で設定した固定 IPv6 アドレスを使用します。
      1. [アドレス] ボックスに、IPv6 アドレスとサブネット プリフィックス長を入力します。
      2. 追加の IPv6 アドレスを入力するには、[追加] をクリックします。
      3. デフォルトの IPv6 ゲートウェイを入力します。
  6. [保存] をクリックします。
  7. (オプション) Site Recovery Manager Appliance の IP アドレスを変更する場合は、まず Site Recovery Manager Appliance を再構成してから、証明書を変更し、Site Recovery Manager Appliance をもう一度再構成して新しい証明書を vCenter Server Platform Services Controller に登録する必要があります。
    1. 管理者として Site Recovery Manager Appliance 管理インターフェイスにログインします。
    2. [サマリ] タブをクリックし、[アプライアンスの構成] をクリックして、ウィザードを完了します。
    3. [アクセス] タブをクリックしてから、[証明書] ペインで [変更] をクリックします。
    4. 証明書タイプを選択し、[変更] をクリックします。
    5. [サマリ] タブをクリックし、[アプライアンスの構成] をクリックして、ウィザードを完了します。