Site Recovery Manager アプライアンスを削除した後、管理対象オブジェクト ブラウザ (MOB) を使用して、Lookup Service の古い Site Recovery Manager 登録をクリーンアップします。

Site Recovery Manager アプライアンスを環境から登録解除する前に削除した場合は、 Site Recovery Manager 仮想アプライアンス管理インターフェイス (VAMI) を使用して vCenter Server から Site Recovery Manager を登録解除できません。

前提条件

vSphere 管理者の認証情報が利用可能なことを確認します。

手順

  1. https://<vCenter_Server_address>/lookupservice/mob/?moid=ServiceRegistration&method=List&vmodl=1vCenter Server の認証情報でログインします。
    注: 外部 Platform Services Controller (PSC) を使用している場合は、 vCenter Server アドレスの代わりに PSC アドレスを使用してください。
  2. Site Recovery Manager の登録を検索するには、[値] フィールドの値を次のテキストで置き換えて、[メソッドの起動] をクリックします。
    <filterCriteria>
       <serviceType>
          <product>com.vmware.dr</product>
          <type>vcDr</type>
       </serviceType>
    </filterCriteria>
  3. 古い Site Recovery Manager の登録を検索し、その [serviceId] 値をコピーします。
  4. https://<vCenter_Server_address>/lookupservice/mob/?moid=ServiceRegistration&method=Delete に移動します。
  5. サービス登録を削除するには、[serviceId] 値を入力し、[メソッドの起動] をクリックします。