Site Recovery Manager Server のセキュリティを強化するためのベスト プラクティスにより、発生する可能性のあるセキュリティの問題から環境を保護することができます。

Site Recovery Manager のセキュアな操作は、Site Recovery Manager Server の適切な構成と保守に依存します。

  • Site Recovery Manager の最新のアップデートとパッチを適用して、Site Recovery Manager に関する既知の問題に対処します。
  • Site Recovery Manager を仮想マシンとして実行する場合、Site Recovery Manager のデプロイ環境の整合性を確認します。『vSphere セキュリティ』ドキュメントの「仮想マシンのセキュリティのベスト プラクティス」のトピックを参照してください。
  • サーバ アクセスを管理者のみに限定します。攻撃者が利用可能なアカウントの数を制限するため、サーバにアクセスできるアカウントの数を制限します。
  • Site Recovery Manager が使用するネットワーク ポートを確認し、ファイアウォールを構成してサーバを保護します。