このワークフローでは、未割り当ての Virtual Volumes 保護グループに含まれている仮想マシンのリストを取得できます。

vVol 保護グループの作成 ワークフローを実行する前にこのワークフローを実行して、Virtual Volumes レプリケーション グループ間で仮想マシンを特定することができます。

注: Virtual Volumes 保護グループには、同じフォルト ドメインの複数の Virtual Volumes レプリケーション グループを含めることができますが、異なるフォルト ドメインの Virtual Volumes レプリケーション グループを含めることはできません。

手順

  1. vRealize Orchestrator Client にシステム管理者としてログインします。
  2. [ライブラリ] > [ワークフロー] の順に移動します。
  3. 検索ボックスに「List VMs in a vVol Replication Group」と入力して、[Enter] をクリックします。
  4. ワークフローをクリックし、[実行] をクリックします。
  5. ワークフローで必要な入力パラメータを入力し、[実行] をクリックします。
    表 1. Virtual Volumes レプリケーション グループ内の仮想マシンのリスト」ワークフローの入力
    入力 説明
    保護フォルダ 保護グループを配置するローカル Site Recovery Manager サイトのフォルダ。
    フォルト ドメイン フォルト ドメインを選択すると、複数のドメインの Virtual Volumes レプリケーション グループを選択できなくなります。
    保護されていないレプリケーション グループ 仮想マシンをリストする Virtual Volumes レプリケーション グループ。