このワークフローでは、Virtual Volumes 保護グループを作成できます。

vVol 保護グループの作成 を実行する前に vVol レプリケーション グループ内の仮想マシンのリスト ワークフローを実行して、Virtual Volumes レプリケーション グループ間で仮想マシンを特定することができます。

手順

  1. vRealize Orchestrator Client にシステム管理者としてログインします。
  2. [ライブラリ] > [ワークフロー] の順に移動します。
  3. [フィルタ] ボックスに「Create vVol Protection Group」と入力して、[Enter] をクリックします。
  4. ワークフローをクリックし、[実行] をクリックします。
  5. ワークフローで必要な入力パラメータを入力し、[実行] をクリックします。
    表 1. Virtual Volumes 保護グループの作成」ワークフローの入力
    入力 説明
    保護フォルダ 保護グループを配置するローカル Site Recovery Manager サイトのフォルダ。
    名前 Virtual Volumes 保護グループ名。
    説明 簡単な説明。
    フォルト ドメイン フォルト ドメインを選択すると、複数のドメインの Virtual Volumes レプリケーション グループを選択できなくなります。
    レプリケーション グループ Virtual Volumes 保護グループに含める Virtual Volumes レプリケーション グループのリストです(保護されていない Virtual Volumes レプリケーション グループのみを選択できます)。