このワークフローは、リカバリ プランのフェイルオーバーまたはテストのキャンセルを開始します。

テストまたはリカバリをキャンセルすると、 Site Recovery Manager はプロセスを開始することなく、特定のルールを使用して処理中のプロセスを停止します。フェイルオーバーをキャンセルした場合は、再実行する必要があります。テストをキャンセルした場合はクリーンアップする必要があります。
  • パワーオン、ハートビートの待機などの停止できないプロセスは、完了するまで実行してからキャンセルを完了します。
  • キャンセルした場合、ストレージ デバイスを追加または削除するプロセスはクリーンアップ操作によって取り消されます。

このワークフローは、実行時のリカバリ プランの状態のチェックを実行します。リカバリ プランの状態が [running] の場合、リカバリまたはテストはキャンセルできます。

リカバリ プランは、ペアのサイトの間での保護の方向を指定して作成されます。[リカバリ プランのキャンセルの開始] ワークフローを実行すると、リカバリ(受信)サイトでリカバリまたはテストをキャンセルすることができます。

手順

  1. vRealize Orchestrator Client にシステム管理者としてログインします。
  2. [ライブラリ] > [ワークフロー] の順に移動します。
  3. [フィルタ] ボックスに「Initiate Cancel Recovery Plan」と入力して、[Enter] をクリックします。
  4. ワークフローをクリックし、[実行] をクリックします。
  5. ワークフローで必要な入力パラメータを入力し、[実行] をクリックします。
    表 1. 「リカバリ プランのキャンセルの開始」ワークフローの入力
    入力 説明
    リカバリ プラン リモートの Site Recovery Manager サイトで状態が「running」のリカバリ プラン。