証明書による認証は、Access Point の管理コンソールから有効にして設定します。

前提条件

  • ユーザーから提示された証明書に署名した認証局 (CA) からルート証明書と中間証明書を入手します。証明機関の証明書の取得を参照してください。
  • Access Point の SAML メタデータがサービス プロバイダに追加され、サービス プロバイダの SAML メタデータが Access Point アプライアンスにコピーされていることを確認します。
  • (オプション)証明書認証のための有効な証明書ポリシーのオブジェクト識別子 (OID) のリスト。
  • 失効チェックのための、CRL のファイルの場所および OCSP サーバの URL。
  • (オプション)OCSP 応答署名証明書ファイルの場所。
  • 認証の前に同意書が表示される場合には、同意書の内容。

手順

  1. 管理ユーザー インターフェイスの [手動構成] セクションで、[選択] をクリックします。
  2. [全般設定] の [認証設定] セクションで、[表示] をクリックします。
  3. X.509 証明書の行でギア アイコンをクリックします。
  4. X.509 証明書のフォームを構成します。
    アスタリスクは、必須のテキスト ボックスを示します。他のすべてのテキスト ボックスはオプションです。
    オプション 説明
    X.509 証明書を有効にする [いいえ] を [はい] に変更すると、証明書認証が有効になります。
    *名前 この認証方法の名前を指定します。
    *ルートおよび中間 CA 証明書 [選択] をクリックして、アップロードする証明書ファイルを選択します。DER または PEM としてエンコードされた複数のルート CA および中間 CA 証明書を選択できます。
    CRL キャッシュ サイズ 証明書失効リストのキャッシュ サイズを入力します。デフォルトは 100 です。
    証明書の失効を有効にする [いいえ] を [はい] に変更すると、証明書の失効チェックが有効になります。失効チェックにより、ユーザー証明書が失効したユーザーは認証されなくなります。
    証明書の CRL を使用 証明書を発行した 認証局 (CA) が公開する証明書失効リスト (CRL) を使用して証明書のステータス(失効しているかどうか)を確認するには、このチェック ボックスをオンにします。
    CRL の場所 CRL を取得するサーバのファイル パスまたはローカル ファイル パスを入力します。
    OCSP の失効を有効にする 証明書検証プロトコルとして Online Certificate Status Protocol (OCSP) を使用して、証明書の失効ステータスを取得するには、このチェック ボックスをオンにします。
    OCSP で障害が発生したときに CRL を使用 CRL と OCSP の両方を構成し、OCSP チェックが利用できない場合に CRL の使用に戻るには、このチェック ボックスをオンにします。
    OCSP Nonce を送信する 応答時に、OCSP 要求の一意の ID を送信する場合は、このチェック ボックスをオンにします。
    OCSP URL OCSP による失効を有効にした場合は、失効チェック用の OCSP サーバ アドレスを入力します。
    OCSP レスポンダが署名した証明書 レスポンダの OCSP 証明書のパスを入力します。たとえば、/path/to/file.cer のようになります。
    認証前に同意書を有効にする ユーザーが証明書認証を使用して Workspace ONE ポータルにログインする前に同意書ページを表示するには、このチェック ボックスをオンにします。
    同意書の内容 同意書に表示するテキストをここに入力します。
  5. [保存] をクリックします。

次のタスク

X.509 証明書認証を構成し、ロード バランサの背後で Access Point アプライアンスがセットアップされている場合、ロード バランサで Access Point が SSL パススルーで構成されており、ロード バランサで SSL を終端させないように構成します。この構成では、Access Point とクライアント間で SSL ハンドシェークを確実に実行し、Access Point に証明書を渡すことができます。