2016 年 11 月 29 日リリース | ビルド 4689690

最終更新日:2017 年 3 月 30 日

本リリース ノートには、次のトピックが含まれています。

本リリースの新機能

VMware Access Point 2.8 は、次の機能および機能強化を提供します。

  • 設定を構成および更新するための管理者ユーザー インターフェイス

    管理者ユーザー インターフェイスを使用して、Access Point の構成設定、Edge 設定、および認証モードの構成と管理が可能です。

  • リバース プロキシの認証(DMZ での認証)

    ブラウザ ベースのクライアント向けに、DMZ 内で認証されたリバース プロキシがサポートされます。現在 Access Point は、認証されたリバース プロキシのユースケースとして、RADIUS 認証と RSA SecurID 認証をサポートしています。

  • RSA Adaptive Authentication

    RSA Adaptive Authentication は、Access Point を VMware Identity Manager の認証 Web リバース プロキシとして機能させることで、DMZ でのブラウザ クライアントの追加認証を実現します。

  • vRealize Operations による Access Point の監視

    Access Point のレポート情報に vRealize Operations からアクセスできるようになりました。たとえば、vRealize Operations から Blast や PCoIP の同時セッション数の情報を確認できます。

  • 複数の Web リバース プロキシ Edge サービスのサポート

    単一の Access Point インスタンスで、複数の Web リバース プロキシ サービスのサポートが可能です。たとえば、単一の Access Point インスタンスで、VMware Identity Manager と他の Web サービスをサポートできます。

  • AirWatch SEG Gateway (Tech Preview)

    Access Point 上で AirWatch Secure Email Gateway (SEG) をサポートします。

ページのトップへ

利用可能な言語

Access Point のユーザー インターフェイス、オンライン ヘルプ、製品ドキュメントは、日本語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語(ブラジル)、簡体字中国語、繁体字中国語、韓国語でご利用いただけます。詳細については、VMware Access Point 2.8 ドキュメント センターを参照してください。

ページのトップへ

互換性に関する注意

VMware 製品の相互運用性マトリックスの詳細については、http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php を参照してください。

ページのトップへ

既知の問題

  • Access Point の管理者ユーザー インターフェイスで、「設定のインポート」オプションを使用して Access Point 設定の JSON ファイルをインポートする際に、その JSON ファイルに RADIUS 認証または RSA SecurID 認証が設定されている場合は、JSON ファイルをインポートする前に、次の 2 つの変更を加える必要があります。
    • JSON ファイルに RADIUS 認証が設定されている場合は、RADIUS 認証のすべてのパラメータが記述されているセクションで、次の JSON キーに正しい値を入力する必要があります。

      "sharedSecret":""

      "sharedSecret_2":"" (このエントリは、セカンダリ RADIUS サーバが有効な場合のみ存在します。)

    • JSON ファイルで RSA SecurID 認証が有効になっている場合は、RSA SecurID 認証のすべてのパラメータが記述されているセクションで、次の JSON キーに正しい値を入力する必要があります。

      "externalHostName":""

      "internalHostName":""

  • ドメイン アカウントにマッピングされた証明書のサブジェクトの別名にメール アドレスが含まれている場合、Access Point サーバに接続している際にスマート カード認証が機能しない
    回避策:スマート カード ユーザー用に証明書テンプレートを作成するためのウィザードの [サブジェクト名] タブで、[この情報をサブジェクトの別名に含める] チェック ボックスの選択を解除してください。
  • ページのトップへ

    check-circle-line exclamation-circle-line close-line
    Scroll to top icon