OVF をデプロイし、Unified Access Gateway アプライアンスをパワーオンしたら、Unified Access Gateway の管理ユーザー インターフェイスにログインして、次の設定を構成します。

[全般設定] ページと [詳細設定] ページには以下が含まれます。

  • Unified Access Gateway システム構成と SSL サーバ証明書
  • Horizon 用の Edge サービス設定、リバース プロキシ、AirWatch 用のアプリケーション単位のトンネルとプロキシ設定
  • RSA SecurID、RADIUS、X.509 証明書、および RSA Adaptive Authentication の認証設定
  • SAML ID プロバイダとサービス プロバイダの設定
  • ID ブリッジ設定の構成

次のオプションは、[サポート設定] ページからアクセスできます。

  • Unified Access Gateway ログの zip ファイルをダウンロードする
  • Unified Access Gateway 設定をエクスポートして、設定を取得する
  • ログ レベルを設定する
  • Unified Access Gateway 設定をインポートして、全体的な Unified Access Gateway 構成を作成および更新する