Unified Access Gateway アプライアンスは DMZ にデプロイされます。デプロイする場合には、エージェントやトンネル プロキシ サービスなどの Unified Access Gateway のコンポーネントと AirWatch のコンポーネントをインストールします。

AirWatch 環境に AirWatch Tunnel をデプロイするときには、初期ハードウェアのセットアップ、サーバ情報の構成、AirWatch 管理コンソールでのアプリケーションの設定、インストーラ ファイルのダウンロード、AirWatch Tunnel サーバでのインストーラの実行を行います。

OVF のインストールが完了し、値を変更した後に、各 Edge サービスを手動で設定できます。

AirWatch を使用した Unified Access Gateway のデプロイの詳細については、https://resources.air-watch.com/view/vb7zp7wwhpw756m2pfxy を参照してください。