管理ユーザー インターフェイスのサポート設定から AP-Log Archieve.zip ファイルをダウンロードします。zip ファイルには、Unified Access Gateway アプライアンスからのすべてのログが含まれています。

ログ レベルの設定

ログ レベル設定は管理ユーザー インターフェイスから管理することができます。[サポート設定] ページに移動して、[ログ レベルの設定] を選択します。生成可能なログ レベルは INFO、WARNING、ERROR および DEBUG です。ログ レベルはデフォルトで INFO に設定されます。

各ログ レベルで収集される情報の種類についての説明は以下のとおりです。
表 1. ログ レベル
レベル 収集される情報の種類
INFO INFO レベルは、サービスの進行状況をハイライトする情報メッセージを示します。
ERROR ERROR レベルは、発生してもサービスをそのまま実行できる場合があるエラー イベントを示します。
WARNING WARNING レベルは潜在的に有害な状況を示します。しかし通常は回復可能か、または無視しても問題ありません。
DEBUG 一般に問題のデバッグに役立つイベントです。デバッグ モードを有効にして、アプライアンスの内部の状態を表示したり操作したりできます。デバッグ モードでは、自社環境における導入シナリオをテストできます。

ログの収集

管理ユーザー インターフェイスの [サポート設定] セクションから ログの zip ファイルをダウンロードします。

これらのログ ファイルはアプライアンスの /opt/vmware/gateway/logs ディレクトリから収集されます。

次の表で、ZIP ファイルに含まれるさまざまなファイルについて説明します。

表 2. トラブルシューティングに役立つシステム情報が含まれるファイル
ファイル名 説明
df.log ディスク領域の使用状況に関する情報が含まれます。
netstat.log ネットワーク接続に関する情報が含まれます。
ap_config.json Unified Access Gateway アプライアンスの現在の設定が含まれます。
ps.log プロセスのリストが含まれます。
ifconfig.log ネットワーク インターフェイスに関する情報が含まれます。
free.log メモリの使用状況に関する情報が含まれます。
表 3. Unified Access Gateway のログ ファイル
ファイル名 説明
esmanager.log ポート 443 および 80 で待機する Edge Service Manager プロセスからのログ メッセージが含まれます。
authbroker.log 認証アダプタを処理する AuthBroker プロセスからのログ メッセージが含まれます。
admin.log ポート 9443 で Unified Access Gateway REST API を提供するプロセスからのログ メッセージが含まれます。
admin-zookeeper.log Unified Access Gateway 構成情報を保存するために使用されるデータ レイヤに関連したログ メッセージが含まれます。
tunnel.log XML API 処理の一部として使用されるトンネル プロセスからのログ メッセージが含まれます。
bsg.log Blast Secure Gateway からのログ メッセージが含まれます。
SecurityGateway_*.log PCoIP Secure Gateway からのログ メッセージが含まれます。

末尾が「-std-out.log」のログ ファイルには、さまざまなプロセスの stdout に書き込まれる情報が含まれ、通常は空のファイルです。

AirWatch の Unified Access Gateway ログ ファイル

  • /var/log/airwatch/tunnel/vpnd

    tunnel-init.log および tunnel.log は、このディレクトリからキャプチャされます。

  • /var/log.airwatch/proxy

    proxy.log は、このディレクトリからキャプチャされます。

  • /var/log/airwatch/appliance-agent

    appliance-agent.log は、このディレクトリからキャプチャされます。