Unified Access Gateway アプライアンスで SAML メタデータを生成したら、そのデータをバックエンド サービス プロバイダにコピーできます。このデータのサービス プロバイダへのコピーは、Unified Access Gateway を ID プロバイダとして使用できるようにするための SAML 認証子の作成手順に含まれます。

Horizon Cloud サーバの場合は、製品ドキュメントで固有の手順を確認してください。