トンネル プロキシのデプロイ環境では、エンド ユーザーのデバイスと VMware Browser モバイル アプリケーションを介する Web サイト間のネットワーク トラフィックのセキュリティが保護されます。

手順

  1. 管理ユーザー インターフェイスの [手動設定] セクションで、[選択] をクリックします。
  2. [全般設定] > [Edge サービス設定] の行で、[表示] をクリックします。
  3. [Per App トンネルおよびプロキシ設定] ギア アイコンをクリックします。
  4. [いいえ] を [はい] に変更すると、トンネル プロキシが有効になります。
  5. 次の Edge サービス設定を構成します。
    オプション 説明
    識別子 デフォルトで View に設定されます。Unified Access Gateway が View XML プロトコルを使用するサーバ(View 接続サーバ、Horizon Air、Horizon Air ハイブリッドモードなど)と通信できます。
    API サーバ URL AirWatch API サーバの URL を入力します。たとえば、https://example.com:<port> のように入力します。
    API サーバのユーザー名 API サーバにログインするユーザー名を入力します。
    API サーバのパスワード API サーバにログインするパスワードを入力します。
    組織グループ コード ユーザーの組織を入力します。
    AirWatch サーバのホスト名 AirWatch サーバのホスト名を入力します。
  6. その他の詳細設定を構成するには、[詳細] をクリックします。
    オプション 説明
    送信プロキシのホスト 送信プロキシがインストールされるホスト名を入力します。
    注: : これは、トンネル プロキシではありません。
    送信プロキシのポート 送信プロキシのポート番号を入力します。
    送信プロキシのユーザー名 送信プロキシにログインするユーザー名を入力します。
    送信プロキシのパスワード 送信プロキシにログインするパスワードを入力します。
    NTLM 認証 [いいえ] を [はい] に変更して、送信プロキシで NTLM 認証を要求することを指定します。
    AirWatch トンネル プロキシに使用 [いいえ] を [はい] に変更して、このプロキシを AirWatch トンネルの送信プロキシとして使用します。有効にしないと、Unified Access Gateway はこのプロキシを最初の API コールに使用して、AirWatch 管理者コンソールから構成情報を取得します。
    ホスト エントリ /etc/hosts ファイルに追加するホスト エントリのカンマ区切りリストを入力します。各エントリには、IP アドレス、ホスト名、オプションのホスト名エイリアスが、その順番にスペース区切りで含まれています。たとえば、10.192.168.1 example1.com, 10.192.168.2 example2.com example-alias のようになります。
    信頼される証明書 トラスト ストアに追加する信頼される証明書ファイルを選択します。
  7. [保存] をクリックします。