Unified Access Gateway 2207.1 | 2022 年 8 月 30 日

各リリース ノートで、追加または更新された情報をご確認ください。

新機能

  • VMware Unified Access Gateway 2207.1 には、Tunnel サーバのバグ修正が含まれています。詳細については、「解決された問題」のセクションを参照してください。

    :「解決した問題」セクションに記載されている問題の影響を受けない場合は、以前の 2207 バージョンからアップグレードする必要はありません。

  • Photon OS パッケージ バージョンおよび Java コンポーネント バージョンへのアップデート。

利用可能な言語

Unified Access Gateway のユーザー インターフェイス、オンライン ヘルプ、製品ドキュメントは、日本語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語(ブラジル)、簡体字中国語、繁体字中国語、韓国語でご利用いただけます。完全なドキュメントについては、ドキュメント センターを参照してください。

互換性に関する注意

Unified Access Gateway と他の VMware 製品との互換性の詳細については、VMware 製品の相互運用性マトリックスを参照してください。

ライフサイクル サポート ポリシー

Unified Access Gateway ライフサイクル サポート ポリシーの詳細については、このナレッジベースの記事を参照してください。

インストールとアップグレード

Unified Access Gateway のダウンロードについては、製品ダウンロード ページを参照してください。

テクニカル リソース

Unified Access Gateway の学習と理解に役立つリソースがいくつかあります。詳細については、これらの情報リソースを参照してください。

解決した問題

  • 特定の Workspace ONE UEM API ロード バランシング シナリオにおいて Tunnel サービスが正常に起動しない問題を解決しました。

  • Unified Access Gateway ログ アーカイブのダウンロード時に Tunnel ログ ファイルがない問題を解決しました。

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon