check-circle-line exclamation-circle-line close-line

Unified Access Gateway | 2018 年 5 月 22 日リリース

各リリース ノートで、追加または更新された情報をご確認ください。

リリース ノートの内容

このリリース ノートでは、次のトピックについて説明します。

本リリースの新機能

VMware Unified Access Gateway 3.3 は、次の新機能および機能強化を提供します。

  • ネットワーク プロトコル プロファイル (NPP) への依存関係を削除 - Unified Access Gateway をデプロイするために NPP または IP プールを設定する必要がなくなりました。今後は、Unified Access Gateway をデプロイするときに IPv4 ネットマスク、IPv6 プリフィックス、およびデフォルトのゲートウェイを指定します。これにより、vSphere をデプロイするときの柔軟性が向上します。
  • IPv4 と IPv6 のクライアントが混在する環境でのサポートを追加 - Unified Access Gateway は、各ネットワーク インターフェイス カード (NIC) の IPv4 および IPv6 ネットワークのためのより柔軟なオプションをサポートしています。IPv6 クライアントは Unified Access Gateway を介して IPv4 バックエンド インフラストラクチャに接続できるようになりました。
  • Workspace UEM のデプロイ(AirWatch、VMware Tunnel、Content Gateway、および Web リバース プロキシ)で大規模な仮想マシンのサイズ調整オプションが適用可能です。
  • Web リバース プロキシ Edge サービスのデバイス証明書ベースの認証をサポートします。
  • セキュリティ監査を簡素化するため、管理関連のすべてのアクティビティを記録する個別の監査ログ ファイルが導入されました。
  • Horizon、Web リバース プロキシ、および Content Gateway Edge サービスに対して、それぞれのバックエンド サーバの信頼できる SSL 証明書のアップロードが追加されました。
  • クライアント証明書の失効チェックの CRL サポートが追加されました。

利用可能な言語

Unified Access Gateway のユーザー インターフェイス、オンライン ヘルプ、製品ドキュメントは、日本語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語(ブラジル)、簡体字中国語、繁体字中国語、韓国語でご利用いただけます。完全なドキュメントについては、ドキュメント センターを参照してください。

互換性に関する注意

VMware 製品の相互運用性マトリックスの詳細については、http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php を参照してください。

既知の問題

  • Unified Access Gateway で自己署名証明書を使用する場合、Microsoft Edge ブラウザで Horizon デスクトップにアクセスできないことがある。
    回避策:有効なドメイン証明書を使用し、Blast 外部 URL にポート 443 を使用します。ポート 8443 は使用しないでください。
  • vSphere 6.7 の HTML 5 UI を介して Unified Access Gateway をデプロイすると失敗する。代わりに Flex UI を使用して Unified Access Gateway をデプロイしてください。
  • ユーザーが RADIUS ログイン ユーザー名とパスコードに対して AD ドメイン ユーザー名とパスワードを入力する場合は、Windows SSO を有効にする 設定を Horizon RADIUS 認証に使用できます。この設定により、Unified Access Gateway では RADIUS 認証が成功した後に通常発生する Windows パスワード プロンプトをスキップできます。
    Horizon 接続サーバにログイン前の免責メッセージが構成されている場合、この機能は動作しません。接続サーバにログイン前のメッセージが構成されている場合、ユーザーは後続のプロンプトに対してドメイン パスワードを入力する必要があります。
    回避策:Unified Access Gateway でパススルー認証を構成し、接続サーバ上で RADIUS を構成します。また、「RADIUS と Windows 認証には同じユーザー名とパスワードを使用します」設定のように、接続サーバ上でログイン前メッセージを構成することもできます。

解決した問題

  • Unified Access Gateway を再起動した後の IP テーブルの破損。
  • Zookeeper のログが増え続け、ディスク使用率が高くなり、使用率が 100% になると管理ユーザー インターフェイスにアクセスできなくなる。
  • iOS 上の Workspace One アプリの vIDM プロキシ パターンの問題。
  • 管理ユーザー インターフェイスで TLS 1.2 を切り替えることができない。