Unified Access Gateway | 2019 年 7 月 02 日リリース

各リリース ノートで、追加または更新された情報をご確認ください。

リリース ノートの内容

このリリース ノートでは、次のトピックについて説明します。

本リリースの新機能

VMware Unified Access Gateway 3.6 は、次の新機能および機能強化を提供します。

  • Secure Email Gateway (SEG) と Unified Access Gateway の統合
  • クラス属性に基づく RADIUS 認証の制限に対する Unified Access Gateway のサポート
  • JSON Web Token の検証用のパブリック キーのサポート。
  • NTP (Network Time Protocol) 同期用の NTP サーバ。
  • Unified Access Gateway によるシステム統計情報、メモリ、および VMware Tunnel サーバ MIB 情報の収集のための Simple Network Management Protocol (SNMP) のサポート。
  • スタティック ルートを追加、変更、および削除するための REST API および管理ユーザー インターフェイスのサポート。

利用可能な言語

Unified Access Gateway のユーザー インターフェイス、オンライン ヘルプ、製品ドキュメントは、日本語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語(ブラジル)、簡体字中国語、繁体字中国語、韓国語でご利用いただけます。完全なドキュメントについては、ドキュメント センターを参照してください。

互換性に関する注意

VMware 製品の相互運用性マトリックスの詳細については、http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php を参照してください。

インストールとアップグレード

Unified Access Gateway のダウンロードについては、製品ダウンロード ページを参照してください。

解決した問題

  • Web リバース プロキシの健全性チェックがエラーで失敗する。

  • INI ファイルに複数の Web リバース プロキシが指定されている場合、一部の Web リバース プロキシが Amazon AWS にデプロイされた Unified Access Gateway で動作しない。

  • PowerShell のデプロイで、IDP メタデータをアップロードしていないのに、エクスポートされた JSON ファイルに idpMediaType のランダム データが含まれる。

  • Horizon のデプロイで応答処理をロック解除している間、Unified Access Gateway がセッションを未認証としてマークする。

  • Unified Access Gateway が、再書き込み操作後にロケーション ヘッダー内のクエリ パラメータを保持しない。

  • Unified Access Gateway が API 監視統計情報の更新に失敗する。

  • Microsoft Internet Explorer で Unified Access Gateway の管理ユーザー インターフェイスにアクセスすると、ブラウザはブラウザの言語を取得するために外部 URL にアクセスしようとする。 

  • 要求ペイロードの 'quiesceMode'true に設定されている場合、静止モードが Unified Access Gateway のデプロイ済みインスタンスに適用されない。

  • Horizon パススルー認証: <get-configuration> に対する応答として表示されるエラー メッセージがクライアントによって認識されない。

  • PEM 証明書の "Bag Attributes" に一重引用符が含まれていると、Unified Access Gateway の PowerShell のデプロイに失敗する。

  • 証明書によって再起動がトリガーされると、高可用性の構成が haproxy.conf 構成ファイルから消去される。

  • UDP XML API および UDP WebSocket 接続の高可用性をバイパスする。

既知の問題

  • Unified Access Gateway からダウンロードした INI ファイルのサムプリントにコロン (:) 記号が含まれる。

    回避策:なし

  • DNS 検索フィールドで、カスタム TLD(トップレベル ドメイン)の使用が許可されない。例:.local

    回避策:vami_set_dns コマンドを手動で実行します。

    vami_set_dns -s “DNSSEARCH” “DNSADDR”

    DNSSEARCH: スペース区切りの DNS 検索アドレス

    DNSADDR: スペース区切りの DNS アドレス

  • サムプリントが特定の形式に設定されている場合、PowerShell のデプロイで Horizon と Web リバース プロキシの構成に失敗する。

    回避策:なし

  • Secure Email Gateway コンテナが API サーバに接続して MEM 構成を取得できない場合、Secure Email Gateway のセットアップ中にコンテナの起動に失敗する。失敗の理由を示す元のエラー メッセージがアプライアンス エージェント ログに表示されない。

    回避策:Secure Email Gateway のログを分析します。ログ ファイル installer-script.logv2-seg-installer.log はフォルダ /var/log/vmware/docker/seg にあります。

  • マルチ NIC を使用するスタティック デプロイでは、eth0 のスタティック ルートが作成されない。

    回避策:マルチ NIC デプロイで routes0=0.0.0.0/0 a.b.c.d を使用して、デフォルト ゲートウェイを強制的に eth0 に設定します。

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon