Unified Access Gateway アプライアンスをデプロイするには、システムがハードウェアおよびソフトウェアの要件を満たしている必要があります。

サポートされる VMware 製品のバージョン

Unified Access Gateway のバージョンごとに、特定のバージョンの VMware 製品を使用する必要があります。互換性の最新情報については、製品のリリース ノートおよび http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php の VMware 製品の相互運用性マトリックスを参照してください。

Unified Access Gateway のライフサイクル サポート ポリシーの詳細については、https://kb.vmware.com/s/article/2147313 を参照してください。

ESXi サーバのハードウェア要件

Unified Access Gateway アプライアンスは、それぞれ VMware 製品でサポートされているバージョンと同じバージョンの VMware vSphere にデプロイする必要があります。

vSphere Web client を使用する場合、Client Integration Plug-in がインストールされていることを確認します。詳細については、『vSphere』ドキュメントを参照してください。デプロイ ウィザードを開始する前にこのプラグインをインストールしていないと、プラグインをインストールするように求められます。インストールするには、ブラウザを閉じてウィザードを終了する必要があります。

注: アプライアンスの時刻が正確になるように、 Unified Access Gateway アプライアンスの時計 (UTC) を構成します。たとえば、 Unified Access Gateway 仮想マシンでコンソール ウィンドウを開き、矢印ボタンを使用して正しいタイム ゾーンを選択します。また、ESXi ホストの時刻が NTP サーバと同期されていることを確認し、アプライアンス仮想マシンで実行されている VMware Tools が仮想マシンの時刻を ESXi ホストの時刻と同期することを確認します。

仮想アプライアンス要件

Unified Access Gateway アプライアンス用の OVF パッケージは、Unified Access Gateway に必要な仮想マシン構成を自動的に選択します。これらの設定は変更できますが、CPU、メモリ、ディスク領域をデフォルトの OVF 設定より小さい値に変更しないことを推奨します。

  • CPU の最小要件は 2,000 MHz です。
  • メモリは最低で 4 GB です。

アプライアンスに使用するデータストアに十分な空きディスク容量があり、他のシステム要件を満たしていることを確認します。

  • 仮想アプライアンスのダウンロード サイズは 2.6 GB です。
  • シン プロビジョニングされるディスクの最小要件は 3.5 GB です。
  • シック プロビジョニングされるディスクの最小要件は 20 GB です。

仮想アプライアンスをデプロイするには、次の情報が必要です。

  • 固定 IP アドレス(推奨)
  • DNS サーバの IP アドレス
  • root ユーザーのパスワード
  • 管理者ユーザーのパスワード
  • Unified Access Gateway アプライアンスが指定するロード バランサのサーバ インスタンスの URL

Unified Access Gateway のサイズ調整オプション

  • [標準:]この構成は、接続サーバの容量に合わせて最大 2000 の Horizon 接続をサポートする Horizon のデプロイに推奨されます。また、同時接続数が最大で 10,000 の Workspace ONE UEM デプロイ(モバイル ユースケース)にも推奨されます。
  • [大規模:]この構成は、Unified Access Gateway が 50,000 を超える同時接続をサポートする必要がある Workspace ONE UEM デプロイに推奨されます。このサイズにより、Content Gateway、アプリケーション単位のトンネルとプロキシ、およびリバース プロキシで同じ Unified Access Gateway アプライアンスを使用できます。
  • [特大]:Workspace ONE UEM の展開ではこの構成が推奨されます。この規模では、Content Gateway、アプリケーション単位のトンネルとプロキシ、およびリバース プロキシで同じ Unified Access Gateway アプライアンスを使用できます。
  • 注: 標準、大規模、および特大規模の展開のための仮想マシン オプション:
    • 標準 - 2 コアおよび 4 GB の RAM
    • 大規模 - 4 コアおよび 16 GB の RAM
    • 特大規模 - 8 コアおよび 32 GB の RAM

サポートされるブラウザのバージョン

管理ユーザー インターフェイスの起動でサポートされるブラウザは、Chrome、Firefox、および Internet Explorer です。最新バージョンのブラウザを使用してください。

Windows Hyper-V Server を使用する場合のハードウェア要件

Unified Access GatewayWorkspace ONE UEM アプリケーション単位のトンネル デプロイに使用する場合、Unified Access Gateway アプライアンスを Microsoft Hyper-V Server にインストールすることができます。

サポートされる Microsoft サーバは Windows Server 2012 R2 と Windows Server 2016 です。

ネットワーク構成の要件

1 つ、2 つ、または 3 つのネットワーク インターフェイスを使用でき、Unified Access Gateway ではそれぞれについて個別の固定 IP アドレスが必要です。DMZ 実装の多くは、個別のネットワークを使用してさまざまな種類のトラフィックを保護します。デプロイする DMZ のネットワーク設計に従って Unified Access Gateway を構成してください。

  • POC(事前検証)またはテストには、1 つのネットワーク インターフェイスが適しています。NIC が 1 つの場合、外部、内部、および管理トラフィックがすべて同じサブネットを持ちます。
  • ネットワーク インターフェイスが 2 つの場合、外部トラフィックが 1 つのサブネットを、内部と管理トラフィックがもう 1 つのサブネットを持ちます。
  • ネットワーク インターフェイスを 3 つ使用するのが最も安全なオプションです。NIC が 3 つの場合、外部、内部、および管理トラフィックがすべて独自のサブネットを持ちます。

マルチキャスト DNS と .local ホスト名

UAG (Unified Access Gateway) 3.7 以降のバージョンでは、ユニキャスト DNS に加え、マルチキャスト DNS もサポートされます。ドメイン サフィックス .local のマルチラベル名は、マルチキャスト DNS プロトコルを使用して IP マルチキャストが可能なすべてのローカル インターフェイスに経路指定されます。

RFC6762 はこのドメインをマルチキャスト DNS での使用に予約するため、ユニキャスト DNS サーバでは .local を定義しないでください。たとえば、UAG のプロキシ接続先の URL などの構成設定で hostname.example.local というホスト名を使用する場合、.local はマルチキャスト DNS 用に予約されているため、このホスト名はユニキャスト DNS で解決されません。

代わりに、次のいずれかの方法を使用できます。この場合、.local ドメイン サフィックスは必要ありません。

  • .local ホスト名ではなく、IP アドレスを指定します。
  • 追加の代替 DNS A レコードを DNS サーバに追加できます。

    前のホスト名の例では、hostname.example.inthostname.example.local と同じ IP アドレスに追加し、UAG 構成で使用できます。

  • ローカルの hosts ファイル エントリを定義できます。

    前の例では、ローカルの hosts エントリを、hostname.example.local に対して定義できます。

    hosts ファイル エントリは名前と IP アドレスを指定し、UAG 管理ユーザー インターフェイスを使用するか、PowerShell の .ini ファイル設定を使用して設定できます。
    重要: UAG の /etc/hosts ファイルを編集することはできません。

    UAG では、DNS 検索を実行する前に、ローカルの hosts ファイル エントリが検索されます。このような検索により、hosts ファイルにホスト名が存在する場合は .local 名を使用できるので、DNS 検索はまったく必要ありません。

ログの保持要件

ログ ファイルは、集約した合計ディスク サイズを下回る一定容量の領域を使用するように、デフォルトで構成されています。Unified Access Gateway のログは、デフォルトでローテーションされます。これらのログ エントリを保持するには、Syslog を使用する必要があります。Unified Access Gateway アプライアンスからのログの収集を参照してください。