問題を診断するために、システムやランタイムの情報の生成や、ログ ファイルのサポート バンドルの収集が必要になる場合があります。

App Launchpad サポート バンドルには、次の情報が含まれます。
  • サポート バンドルに関する詳細が記載されたテキスト ファイル。生成時に定義されたサポート バンドルの開始日、終了日、およびターゲット ディレクトリが記載されています。
  • App Launchpad の構成の全詳細。ユーザー名やパスワードなどの秘密データは除外されます。
  • App Launchpad サービス ログ

手順

  1. App Launchpad マシンに SSH で接続してログインし、su を使用して、root 権限または vmware-alp ユーザー グループに属するユーザーの権限を取得します。
  2. サポート バンドルを生成するには、次のコマンドを実行します。
    support --log-startdate start-date --log-enddate end-date --log-path /opt/vmware/alp/log --out-dir target-directory

    必要に応じて、--log-startdate--log-enddate--log-path、および --out-dir 引数を追加することもできます。

    --log-startdate 引数には、ログの収集開始日を指定します。デフォルト値は 2018-01-01 です。

    --log-enddate 引数には、ログの収集終了日を指定します。指定しない場合、終了日は現在の日付になります。

    --log-startdate および --log-enddate 引数の値については、YYYY-MM-DD 形式の日付を入力します。

    --log-path 引数には、ログの収集元のディレクトリを指定します。指定しない場合、ディレクトリは /opt/vmware/alp/log になります。

    --out-dir 引数には、サポート バンドルの生成先ディレクトリを指定します。指定しない場合、サポート バンドルは現在のディレクトリに保存されます。

    support --log-startdate 2020-03-12 --log-enddate 2020-05-24 --out-dir /tmp

結果

サポート バンドルが生成され、指定したディレクトリに保存されます。