VMware Cloud Director™ Container Service Extension™ のドキュメント ページへようこそ。

VMware Cloud Director Container Service Extension を初めて使用する場合

左側のナビゲーションを使用して、目的に合った VMware Cloud Director Container Service Extension のドキュメントを参照してください。

すべての VMware Cloud Director Container Service Extension ドキュメントの PDF 形式も用意されています。ページ上の PDF のダウンロード アイコンをクリックするか、検索結果を表示すると、ドキュメントにアクセスできます。

VMware Cloud Director Container Service Extension について

VMware Cloud Director Container Service Extension は、ユーザーによる Kubernetes クラスタの作成および操作に役立つ VMware Cloud Director™ 拡張機能のプラグインです。

VMware Cloud Director Container Service Extension では、VMware Cloud Director によってプロビジョニングされた、完全に機能する VMware Cloud Director クラスタをデプロイおよび管理することで、サービスとしての KubernetesVMware Cloud Director に提供します。VMware Cloud Director Container Service Extension を使用することで、開発チームはアプリケーションの開発に集中し、インフラストラクチャ管理を簡素化できます。

次の図は、VMware Cloud Director Container Service Extension 4.x のアーキテクチャ、およびサービス プロバイダとテナント ユーザーのワークフローを示しています。


この図は、VMware Cloud Director Container Service Extension のアーキテクチャ図、およびコンポーネントのやり取りとユーザーのワークフローを示しています。

対象読者

VMware Cloud Director Container Service Extension 製品ドキュメントには、次の 2 つのセクションが含まれています。
表 1. VMware Cloud Director Container Service Extension のユーザー プロファイル
ユーザーのタイプ 説明
サービス プロバイダ

サービス プロバイダは、VMware Cloud Director Container Service Extension ソフトウェアとサーバを構成できます。また、テナント ユーザーの権限を管理し、VMware Tanzu® Kubernetes Grid™ テンプレートとクラスタを作成および管理することもできます。

サービス プロバイダ向けのドキュメントには、次に示す 2 つのガイドがあります。

  • サービス プロバイダとしての VMware Cloud Director Container Service Extension のインストール、構成、およびアップグレード
  • サービス プロバイダとしての VMware Cloud Director Container Service Extension の使用
テナント ユーザー テナント ユーザーは、VMware Cloud Director Container Service Extension の機能を使用して、Kubernetes クラスタを作成および管理できます。特定のテナント ロールの説明については、組織内のユーザー ロールを参照してください。

テナント ユーザー向けのドキュメントには、次に示す 1 つのガイドがあります。

  • テナント ユーザーとしての VMware Cloud Director Container Service Extension の使用