テストまたは開発環境をクリーンアップするために、vCloud Director Object Storage Extension をアンインストールできます。vCloud Director Object Storage Extension をアンインストールすると、ソフトウェア バイナリが削除されます。構成ファイルとログ ファイルは、ホスト マシンのファイル システムに保存されたままになります。

手順

  1. vCloud Director Object Storage Extension マシンへの SSH 接続を開きます。
  2. 次のコマンドを実行して、vCloud Director Object Storage Extension をアンインストールします。
    rpm -e vmware-voss
    スクリプトは、 vCloud Director Object Storage Extension サービスを停止し、ホスト マシンからソフトウェア バイナリを削除します。
  3. (オプション) 構成ファイルとログ ファイルを削除します。
    vCloud Director Object Storage Extension バイナリをアンインストールすると、構成ファイルが /opt/vmware/voss に保存されたままになり、ログ ファイルが /opt/vmware/vip に保存されたままになります。次のコマンドを実行して、これらのディレクトリを削除できます。
    sudo rm -rf /opt/vmware/voss /opt/vmware/vip root-user-password